2008年05月07日

カーナビ Mio C520

私も今、巷で話題のカーナビ、MIOのC520装着しました!!!

いままでの安物や、NOKIAの携帯にプリインストールされているようなのと違い、これは本格的なカーナビです。

 

この週末、ピマーイ周辺の田舎へいったのですが

その周辺のとんでもない田舎道でもバッチリ収録されておりました。

正直どの程度、っていうとこれがまたこんな道

赤土のジャングルの中の村道、みたいな道を最初ナビゲートされた時はびっくりしましたが、これがちゃんとした道につながるんですよ。

おそらく、この程度の道でも「県道」として地図にのってるんでしょうねぇ、とんでもないガタガタ道でしたが。

この道、おそらく地元住民におそわったとしても、自分が地図を持っててそれに載ってたとしても、 実際この道を走り始めた瞬間におもわず不安で元にもどってしまうような道ですが、今回はナビを信じて走ってみたところ大正解でした。

 

英語/タイ語の表示、音声切り替え(その他中国語、韓国語あり(音声のみ)日本語なし)、衛星補足スピード、精度(12個の衛星探知) 、交差点での交差点詳細図、オートズーム機能にすれば、スピードが速いときはおおまかな地図、 スピードが落ちれば自動的に詳細図への切り替え等々なかなかカーナビしております。

また、検索機能もなかなかよろしく、年に数度しかいかない顧客の場所を覚えるのが大変でしたが、だいたいの普通の会社なら検索でOK、 ちなみにうちの会社は支店の工場はありましたが、何故か本社は登録されておりませんでした(笑)

これでこのお値段はお安い。

ひさびさにいい買い物でした。片山兄貴、ありがとう!!

 

PS しかぁ〜し、難問は別のところにあった!!!

  うちのうんちゃん、ナビがいくらナビゲートしてもいうことをきかない(笑)おそらく、 この画面に映ってる地図も自分が今走っている周辺だと認識できてないようす。

  目的地に近づき、ナビがいくら「あと700m、300m、この周辺です」といっても、まったく我関せず(笑) 目的の建物の前を堂々といきすぎちゃうし(笑)

  使い方云々よりも、まずは「ナビ」というものを教育しないとおちおち寝てられません(笑)

  あと、便利機能としてはグーグルアース等で表示される「緯度・経度」の入力により、検索できること。 例えばサラブリの物欲大魔王の家に遊びに行こうとしても道を説明してもらっても難しい、 そういう時はグーグルアースで自分の家の位置を調べてもらい、その緯度経度を教えてもらって入力すればバッチリ!!!

  今度から新しいお客さんには、自分の会社の位置はでたらめな地図 (そういえば昨日客から貰った地図は北が下だったのでなんぎしました)ではなく、グーグルアースで調べてもらって緯度経度で伝えていただく、 というのがいいなぁ、これってもしかしてこの検索方法がはやり、 一般的になったら名刺の住所のしたに緯度と経度をいれるのが標準になったりして、と思う今日この頃です。

  でも何度もいいますが、ナビがサポートしても運転手がいうことを聞かない場合があるので注意(笑)

posted by パクチー at 14:01| バンコク ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | PDA・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。