2008年10月10日

もうわやくちゃ

10102008063.jpg

「流血の」ですか

10102008064.jpg

たしかこの車の爆破事故で死者がでましたね(その後の警察との衝突でも死者、負傷者多数)

10102008065.jpg

とうとう元「副首相」が「事態の解決にはクーデターしかない」なんて言い出すしまつ。

しかし、どっちがどっちへむけてクーデター???

一部の金持ちの私怨により、田舎者をだまし、煽って都会へ送りまじめに働き税金を納めている労働者の生活を圧迫しているこの現状。いいかげん「馬鹿でお祭り好き」というだけでは許されなくなってきてますね。
そして、そういう世界情勢を考えたり、世界からタイがどう見られているか、本当の民主主義とはどうあるべきかということを考える能力を国民から奪ってきたこの国の制度、政治とはいったいなんなのか?

毎週月曜日の黄色の服の波をみるたびに、いつかこうなるだろうなぁと思ってましたがもうとりかえしのつかないところまで来てしまってますね。王様が出てきたら収まる?崩御なさったらどうなるんだろう。

ま、例えPAD側が勝利し、PADよりの政治家が政権をとっても5年、10年たてば今は「タクシン派」と呼ばれる側がPADのような組織を作ってまた騒ぎをおこすんですよね。

そうどっちみち政権を取った側が私服を肥やすのはこの国の常識。

タクシンが悪かったのか?いえいえ、彼は「取りすぎた」だけ。みんなが5%の賄賂、利権で我慢してるのに、彼だけ10%とったから周りからつぶされただけで、反タクシン派が清廉潔白なわけでは決してない。今はその利権の取り合いをしているだけ。そして田舎者のタイ人が金で雇われ、騒いでる。

それを出している金持ちも自分の味方に政権とらせたらそれらは利権と税金から回収できるからマイペンライ。で、デモに参加しているタイ人が税金を払ってるわけじゃない(低所得による免税)一番被害を被っているのはまともに税金を払っているバンコク近郊に住む労働者。

なんといっても選挙で選ばれた首相を軍事クーデターで追い出し、再選挙しても気に入らなかったらデモ、いや「テロ」でつぶしてしまうこの国が世界から孤立していってることに気づかないのがこの国民。裏で自分の影響力が落ちることにのみ心配している黄色の親玉がいにしえの支配者意識を捨てない限り、この国に民主主義などこないであろう。

久々にそんなまじめなことを騒ぎから目と鼻の先のタニヤでおねえちゃんの肩を抱きながら考える今日この頃。。。タニヤ通りのマッサージ屋のねえちゃんが「お客さんマイミー(いない)」って嘆いてたぞ!もちろんデモに参加して日当貰ってこい、とすすめておきましたが(笑)
posted by パクチー at 11:43| バンコク ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日はご馳走様でしたm(_ _)m
兄貴の心意気に感謝感謝です(>_<)
それにしても、かなり真面目に書いてますねwww
でも、分かります。 PADなんて民主主義を大義名分に掲げてますけど、お前らの行為を支持してるやつが何%おんねんって感じですね。 外人から高い税金とっておいて・・・。 この国の人間は、いい加減に気がつかなきゃ駄目ですよね。この国は日本が見放したら終わりだということを・・・ 中国もそうですが、無駄にプライドが高いので、余計にたちわるいです。 本当にアホばっかですね・・・(T_T)
最後のオチがなかったら・・・w
Posted by mekong at 2008年10月12日 02:54
パクチーさん。ご無沙汰しております。

今回のコメントを見て私も同感です。
デモとかを行っている親玉は何の怪我も被害もなく、警官隊と衝突してりして、怪我をし、最悪死んでしまっている人たちは、なんも知らないただの市民なんですよね。

正直ばかげてます。

警官もそう、政治家もそう、
みんな馬鹿ばっかなんでしょう。

で力のない、名ばかりの政治家に少しの期待を込める何も知らない市民らが、一番苦しんでいる。

王様が出てきたら最後でしょうね。
終結はするんでしょうが・・・
この国はどこに向かって進むのでしょう。

結局は何も変わらないのかもしれませんね。
Posted by セントーサのノキア野郎 at 2008年10月12日 11:56
本当はもう少し過激なことを書きたかったのですがこの国はなんせ「不敬罪」がまだある国ですからね。
少しは日本の象徴天皇制を見習って、もっと議会政治というものをはっきりさせればよいかと思うのですが、本当に今の国王がこのままの体制で崩御なさってしまったら、息子をかつぐ政治家・財界とそれに反対する勢力との抗争は現在のデモ程度じゃすまないと思うんですがね。

この国であの黄色に気に入られるかどうかは死活問題ですから。タクシンちゃんもちょっと調子に乗りすぎただけでもっと黄色におべんちゃらいってたら今も首相でいられたのに。。。

ノキア野郎さん、今度の土曜日ぼくもいっていいですか?熱く語りましょう(笑)
Posted by パクチー at 2008年10月13日 10:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。