2006年01月30日

物欲(小)魔王誕生

土曜日にまたまたフラフラと下記グーグルアース表示地点へ

ゴルフショップを見に行ったのですが、やっぱり買っちゃいました。

すいません、これからかずさんを物欲大魔王などと呼ぶのはやめます。私もすっかり物欲「小」魔王です(分野違いですが)

NIKE サスクワッチ(SQ)+ (高反発) 460 9.5 サスクワッチDIAMANA フレックスS

そのまま速攻でいつものショップへ持ち込んでシャフト交換 FUJIKURA スピーダー757ツアー

別に今までのイグナイトDFI(395)が不満なわけではなかったのですが、話題のSQですし、 値段も手ごろだったしシャフトも一本余ってたし・・・すいません、いいわけです。欲しかったんです!コレクターとして。

これでNIKEのドライバーは7本目でしょうか? 300ccのSTEELヘッドをのぞけばほぼ全種類のNIKEドライバーを制覇したことになるのでしょうか?(US/JPモデルの違いは除く)

で、巷で噂のSQ、確かにでかい

左がイグナイトDFI、これでも買った当時は大きいなぁ、 と思ったのですがSQはおなじみのとおりただでさえ容積が460なのにさらに後方に広くひろがるヘッド(つぶれた饅頭のあんこ、 はみパンなど多数の異名あり)ですので構えたら非常に大きく見えます。

上がDFI、下がSQ。見ての通り、容積の大きいSQのほうがフェースが薄い(シャロー)その分後方へ広げているようですが・・・

で実際昨日打ってきましたが、雑誌等の「曲がらない、ミスの許容範囲が広い」ってのはあまりヘッドスピードのない人のはなし、 やはり満振りすれば曲がる曲がる(笑)、ただ、手打ちでまさにハンマーのようにコツンと当てる分にはフェアウエーキープしやすいですが (飛距離220〜230y)まさかそんなうち方では面白くないので常に満振り(笑)

気になるのはフックフェースなこと、この大きなヘッドでフックフェースなら確かにスライスはでないだろうけど・・・ねぇ、 最初なれるまでは思い切りひっかけがでましたよ。

それと「音がうるさい」練習場で隣のおじさんがXXIO(ゼクシオ)使ってたんですが、ふたりでキンキンうるさいうるさい(笑)

シャフトをすぐに交換してしまったのでわからないのですが、 印象としてはハードヒッター向けというよりはヘッドスピード40〜43ぐらいの人が、 かるくスイングしていままでよりインパクトにずしっとくるような球を打つ(う〜ん、自分で書いてて意味不明ですが)っていう印象です。

ま、来月発売されるであろうDIAMANAの黒、Kシリーズが出たら、今持っているS(青)かK(黒) で73のXを買ってシャフト3種類*ヘッド2種類で6種類の組み合わせを作ってみて自分にあうドライバーセッティングを出してみたいと思います。

あ、一応スペックを

SQ+ 9.5 S 460

ノーマル D2 296g シャフト交換後(757ツアー)  D8 324g とりあえずバランス調整してせめてD4ぐらいまでに抑えて試します、その後DIAMANAにシャフト交換、 来月のKシリーズ販売待ちかな。

posted by パクチー at 16:41| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。