2006年04月24日

牛丼

そういえば日本へ帰った時に「すき家」という牛丼屋で牛丼を食べました。

吉野家はご存知のとおりいまだ牛丼食べれず、BKKには支店もないのですが、時々シンガから遊びに来る人に持ってきてもらってます(笑) 飛行機の登場時間から逆算してギリギリのタイミングで吉野家→空港→BKKとハンドキャリー。客室内が牛丼くさくなることうけあいです。

 

さて、すき家という牛丼屋、私が5,6年前に大阪にいた時にはなかった(関西進出してなかった)ような気がするのですが・・・ カレーや中華丼や定食などいろいろメニューがありましたが、私が食べたのが

画像小さくてすいません

「ねぎ玉牛丼」

みたまんまですが牛丼にネギぶっかけて生卵。実は吉野家時代でも家に持って帰っては家でネギぶっかけ+生卵という食べ方をしていた私。 まよわずこれにしました。

それに辛いタレを3カラでかけてもらいました。

あいかわらず店員の「3カラって辛いですけど大丈夫ですか?」と問いかけがうざい、早くもってこい。

ちなみに嫁は日本生活時代を通じて牛丼屋に入るのはこれがはじめてだそうです。もちろん関西人の青春のパートナー「餃子の王将」 などもいったことがないそうです・・・でもラーメンは金龍が好き、という中途半端な嫁ですが、以前の帰国時にカレーの「ここや壱番」 (ここハウス壱番?)へ行った時もいきなりの5カラ注文に店員から「5カラは非常に辛くて・・・」との説明を受けてましたが 「一度も食べたことないけどまったく問題なし」と注文。出てきたカレーはわたくしなどは目にしみるようでしたがパクッと食べて

「全然辛くない」とそばにあった「辛いスパイス」を上からじゃんじゃんかけて食べてました。店員がまいったといってました。

 

はぁ〜次は7月あたりに食べ忘れた地元の「いきつけのお店セット」を回りに帰ります。 やっぱりお好み焼きとラーメンは他にいっぱいおいしいところがあっても食べなれた地元の店がいいですねぇ。

posted by パクチー at 11:48| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、ソンクラン帰国の時、すき家で牛丼堪能してきました。私の場合は、牛丼は並、それに紅ショウガを山盛りのせます。イメージとしては牛肉と同じ分量でしょうか。これに、みそ汁とお新香をつけます。これが私流。
すき家の牛丼は、やはり吉野家にはかなわないなぁと思いました。紅ショウガもぱさぱさしている感じで、ピッとした辛みが足りない感じです。このあたりは、好みの問題ですけれどね。
早く、吉野家の牛丼が復活することを望みます。
Posted by sry at 2006年04月25日 11:59
記事拝見していたら牛丼食いたくなってきたのでこれから食べに行ってきます^^;
Posted by reveil at 2006年04月25日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16978171

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。