2007年09月26日

車のオークション

ちょいとおでかけしてきました。

税関主催の車のオークション。密輸で港で捕まったもの、または密輸された後、街中で走ってるところを検挙され、 没収されたもののオークションです。

向こうのほうの台の上にたってる姉ちゃんが仕切ってます。

シルビアやら

タイでは発売されてないS320なんかが見えますね

結構スポーツカーが多かった印象があります。

白熱するオークション

こんな改造車も!!!って思い切り盗難車ですよね(笑)エンジンルームのフレームナンバーがない!!!

これ買ったあとにどうやって登録するのでしょうか?(笑)

 

もともとこれは税関のお小遣い稼ぎのようなもんです。

だって検挙して「ただ」で手に入れたものですので、オークション費用のみでまるもうけ。

はい、ここでタイの基礎知識ですが、タイでは中古車に輸入関税が300%超(正確には関税と贅沢税となんちゃらと、 といっぱいありますが)かかります。ですので、実際の車の値段の約4倍。

FTAだったかなんかが締結すれば(数年後)20%ぐらいまで関税部分が落ちるのであとは贅沢税その他で100%程度に収まり、 自動車価格の倍ぐらいで収まるのではないだろうかなんて言われてますがさてどうでしょう????

 

で、今日一番注目を集めてたのは、ベンツでもなく

R34 GT-R Vスペック2

弊社の社長と私と別の日本人で350万THBまでなら共同購入しようか、っていってたのですが・・・ (非常に程度はよいように見えました)

 

あっという間の440万THBでの落札です(約1,800万円)

さすがにそれなら日本の家に置いといて年に1〜2回帰った時に乗ってるほうがいいかなl、って(笑)

 

 

ちなみにこういう高級車というかスポーツカーを安く輸入するには2通り、1つは有名な「留学生」を利用、日本(等) で1年半以上その車を所有していればタイへ持ち帰る時に無税(か安い税率)、ただし帰国後2年間名義変更禁止だったかな? 日本で所有してたという証拠の車検証も必要です。ま、これをうまいこと悪用してる業者もありますがね。

もうひとつが必殺というか・・・自分で密輸しておいてチクル方法。密告天国のタイではこの密輸に関しても報奨金が出ます。 しかも金額はこのオークションでついた値段の30%が褒賞金額。

で、まともに輸入して300%も税金払うなら・・・もしかしたらオークションでそこそこの値段で落とせたら・・・どっちみち30% は返ってくるんだし(もちろんこの場合は輸入(密輸)する人とオークション参加(本当にほしい人)の名義は分けてます)

さて、どっちがお得でしょう?

 

でも今日はこのほかに何十台も車ありましたが(そのほとんどが密輸で水際、もしくは上陸してから検挙され、没収された車)、 私の目が確かならほとんどが盗難車ですね(笑)扱いが悪すぎ。たぶん日本でパクッてからも「どうせ盗難車」 という扱いをされてる雰囲気がある。っというか「臭い」が盗難車(笑)わかるかなぁ、このニュアンス(笑)

posted by パクチー at 19:23| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。