2007年11月18日

NOKIA祭り@BKK

NOKIA祭り@BKK

posted by パクチー at 00:37| バンコク ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

子犬の時のプンプイ

いやぁ、ちょっと写真を整理してたら見つけて

かわいいよ、プンプイかわいいよ・・・ハァハァ(AA略、というよりもってねぇ(笑))

(ペットショップでの一枚)

 

かわえぇぇぇえぇ〜

ちなみに嫁が手にしているのはバ○ブではありません(笑)

 

このブログでは根強い人気を誇る、チュー太兄さん

実は先日天国へ召されてしまいました。

ものすごいショックでした。。。

 

いや、別にこれだけでオチなどありません。

posted by パクチー at 19:04| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

朝目が覚めるとプンプイが・・・

うちのプンプイちゃん(ラブラドール 雄 金玉カット済み)、順調に育っており、現在生後14ヶ月

それが昨日の朝ふっとみたら

お前、毛が伸びてないかい?

ラブラドールレトリバーの血統書もあるはずなんですが

おいおい、そのふさふさカールはいったいどうゆうことだい?

めもちょっと釣り目にって・・・

 

 

実は嫁がうちの会社の事務員が飼ってるゴールデンが、最近旦那の転勤等によりなかなか面倒がみれなくなったので、 引き取ってほしいとのことで、つれてきちゃったのでした。

カヌン(7ヶ月 雄)、いきなり弟が出来て、これまたハイパー元気もののため、普段はおとなしいプンプイは振り回されっぱなし。

「とうちゃん、こいつなんとかしてくれ」という物悲しそうなプンプイの目線(笑)

うっひょぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜俺カヌン、よろしくな!!!

(後ろで疲れきっているプンプイ)

 

・・・おそらくあまり人に相手にされてなかったのでしょうか?

カヌン、と呼びかけてもあまり反応はありません。名前を呼ばれつつかわいがられた記憶がないと、 それが自分の名前ということすら気づいてない場合があります。さてさて大型犬2匹となった我が家ですが・・・こまったなぁ、 昨日早速外置き用の犬小屋を買いにいきましたが、あいにくそのサイズは店頭にはひとつしかなく、あとひとつは水曜日に届くとのこと。 いい機会でしたのでプンプイも外飼いにやっと変更です。

新しい犬を迎える時は本当大変です。

先住犬の地位確定のため、人間もご飯は先輩から、出入り口の出入りも先輩から、と順位付けをしてやらねばなりません。 おとなしいプンプイは昨日はおやつを横取りされたりご飯を食べられたりしましたが、夜にひと悶着があり、きっちりとマウントを取って、 どっちが上かわからしてやったようです。

しかしプンプイ30KGにカヌン17KG(およそ)のハイパー大型犬コンビ・・・疲れるわぁ

 

今朝、私は風邪を引き体調がわるかったので、散歩は嫁が一人で一匹ずついったのですが、 カヌンは調教どころかしつけもされてなかったようで、なかなかいうことを聞かないので大変だったと・・・。はてさて、 パクチー家に平穏な日々は訪れるのでしょうか?

posted by パクチー at 15:40| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

車のオークション

ちょいとおでかけしてきました。

税関主催の車のオークション。密輸で港で捕まったもの、または密輸された後、街中で走ってるところを検挙され、 没収されたもののオークションです。

向こうのほうの台の上にたってる姉ちゃんが仕切ってます。

シルビアやら

タイでは発売されてないS320なんかが見えますね

結構スポーツカーが多かった印象があります。

白熱するオークション

こんな改造車も!!!って思い切り盗難車ですよね(笑)エンジンルームのフレームナンバーがない!!!

これ買ったあとにどうやって登録するのでしょうか?(笑)

 

もともとこれは税関のお小遣い稼ぎのようなもんです。

だって検挙して「ただ」で手に入れたものですので、オークション費用のみでまるもうけ。

はい、ここでタイの基礎知識ですが、タイでは中古車に輸入関税が300%超(正確には関税と贅沢税となんちゃらと、 といっぱいありますが)かかります。ですので、実際の車の値段の約4倍。

FTAだったかなんかが締結すれば(数年後)20%ぐらいまで関税部分が落ちるのであとは贅沢税その他で100%程度に収まり、 自動車価格の倍ぐらいで収まるのではないだろうかなんて言われてますがさてどうでしょう????

 

で、今日一番注目を集めてたのは、ベンツでもなく

R34 GT-R Vスペック2

弊社の社長と私と別の日本人で350万THBまでなら共同購入しようか、っていってたのですが・・・ (非常に程度はよいように見えました)

 

あっという間の440万THBでの落札です(約1,800万円)

さすがにそれなら日本の家に置いといて年に1〜2回帰った時に乗ってるほうがいいかなl、って(笑)

 

 

ちなみにこういう高級車というかスポーツカーを安く輸入するには2通り、1つは有名な「留学生」を利用、日本(等) で1年半以上その車を所有していればタイへ持ち帰る時に無税(か安い税率)、ただし帰国後2年間名義変更禁止だったかな? 日本で所有してたという証拠の車検証も必要です。ま、これをうまいこと悪用してる業者もありますがね。

もうひとつが必殺というか・・・自分で密輸しておいてチクル方法。密告天国のタイではこの密輸に関しても報奨金が出ます。 しかも金額はこのオークションでついた値段の30%が褒賞金額。

で、まともに輸入して300%も税金払うなら・・・もしかしたらオークションでそこそこの値段で落とせたら・・・どっちみち30% は返ってくるんだし(もちろんこの場合は輸入(密輸)する人とオークション参加(本当にほしい人)の名義は分けてます)

さて、どっちがお得でしょう?

 

でも今日はこのほかに何十台も車ありましたが(そのほとんどが密輸で水際、もしくは上陸してから検挙され、没収された車)、 私の目が確かならほとんどが盗難車ですね(笑)扱いが悪すぎ。たぶん日本でパクッてからも「どうせ盗難車」 という扱いをされてる雰囲気がある。っというか「臭い」が盗難車(笑)わかるかなぁ、このニュアンス(笑)

posted by パクチー at 19:23| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

こ、これはうれしいのか???

よくいくKARAOKEがあるんです、タニヤに。

別に僕がそこの子を好きだ、とかじゃなくお客さんがよくいくのでくっついていくだけなのですが、 毎回行くと同じ子がいるので面倒くさがりの僕はその子を氏名し続けてます。名前は覚えてません(笑)数回いっしょに座ってからは 「名前なんだっけ?」と聞くに聞けずにズルズルと(笑)

で、僕を知る人はご存知のとおり、僕はでっかいので、足もでっかく店にあるスリッパは小さくてはけません。 いつも同行するお客さんもそうでそのうちそのお客さんが毎回指名する子がそのお客さん専用のスリッパを買ってきました。

いいなぁ、と思ってるとその子が「パクチーにもあるよ」といって出してくれてたのが

ドラえもんかよ・・・一応正規品のようですが・・・っていうか

ちっちぇ〜よ(笑)かかとがはいってねぇ〜〜〜〜

でもその子がはくと

でかいんだなぁ、これが。俺がおっきすぎるのか?

 

 

posted by パクチー at 17:19| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

それドイツんだ?オランダ!!!

昨日会社で会議があって、RAYONGのマタプットってところで食事しました。

何故かドイツ料理。まぁ、このへん意外とファランが多いんですが

しかしまぁ、、、、でけぇ、

タバコがちっちゃくみえる。

 

普段バンコクで生活するわれわれは心が汚れているのでしょうか?

店員の「でっかいですよ」の一言を信じられずにひたすら頼みまくり。

最初のスープが来た時点で一同「・・・・・」

しかし次のスパゲッティが意外としょぼかったので、みんな「なぁ〜んだ(ホッ)」

でも豚のナックル揚げがきたときにゃぁ

1kgですよ(笑)

で、11人で思い切り食ってビール(ドイツビール多数あり)ガブガブのんでお会計すると、、、 6,000THB強!!やすっ!!

 

店の名前はオールドジャーマンです。

ほかにミックスグリルプレートとかもめちゃおいしかったです。

肉食いのヨシダさん。行きたいなら場所教えます。

posted by パクチー at 15:15| バンコク ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

あががががあ

皆様、体には気をつけて・・・・

posted by パクチー at 17:34| バンコク ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

こっそりマカオ

いや別にこっそりではないですが

スタバの熊を買いにマカオ行ってきました!!!

本当です(笑)カジノなんてそんなまさか

これで6個目、もうそろそろどこでも売り切れが近いようです。

しかし、マカオであると思いませんでした。マカオであるぐらいならシンガポールとかもあるでしょう。

インドネシア、マレーシア、フィリピンもあるのかな(スタバがあるかどうかも知らないですが)

(緊急入電 RYO同士よりインドネシアで一匹捕獲との連絡あり、 また別の友人は自分の会社のスタッフの出張の際(ヨーロッパ方面)に捕獲命令を出しておいたので楽しみにしておいてくれ、とのこと)

マカオはソンクラーン中にも一回いったのですが、たったの4ヶ月で様変わりするほどのホテル建設ラッシュ。今回はWynnに泊った (というか友達の部屋に居候)したのですが、大きな窓、ベッド、広い空間と素晴らしいホテルでした。ただしめっちゃ高いですが (土曜日でHK$4,000、日曜の夜でHK$1,800 1HK$≒15円≒4.35THB)

お部屋にはiPod用のスピーカがあったり

ささってるのは僕のですが。後、テレビも液晶のでかいのがあって

 

非常にホテルとしての出来はいいです。洗面所も広く、深く大きなバスタブがあり、シャワーブースは別

 

さてさて、嫁からお土産指定をうけてたので、町の探索もちょろっとしたのですが

麺も粥も食いましたが、牛乳プリンなんかも食って

もちろんマカオビア飲のんで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・あの熊が100万円近くしたことを忘れようとしたのですが・・・(笑)

posted by パクチー at 12:43| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

熊ちゃん大集合!!

実は私は結構なスタバ好き、最近転勤になったせいで、毎朝のモーターウェイでのスタバタイムがなくなり、寂しい今日この頃。 毎日通っていたのでその店では名前で呼んでもらえるほどだったのに・・・。ちなみにお気に入りは日替わりコーヒー(週代わりだったかな?) サンドウィッチはBLT(ベーコン、レタス、トマト)がお気に入りでした。

さて、先日大川さんのところでも取り上げられていましたが、スタバからスタッフと同じ、ポロシャツにチノパン、 緑のエプロンをつけたティディーベアが世界中で発売された、とありましたが気づけば私のところにも何体か集まってます。

もう各地でそろそろ残り数体になってきたのと、今後の旅行の予定がないので、とりあえずこれ以上は増えないかと思いますが、 我が家のメンバーは

5体まぁ、むかつくほど同じもの(中国製)なのですが(笑)中国から一回それぞれの国へ出荷されて、 また我が家に集結するっていうのも・・・もうこうなったら多少の個体差、ま、しわのつき方とかの程度なのですが、その違いすら「個性」 と思えてしまいます(笑)

大陸組み、オーストラリアと中国。オーストラリアは一泊二日の出張の時に空港のスタバでGET、中国はお土産。

日本は先日の帰国時に、香港はソンクラーンに行った時に買い忘れ、後ほど友人が買ってきてくれました。

タイはいつものモーターウェイの店で購入。

 

。。。いやぁ、35歳になってティディベア集めるとは思いませんでした(笑) 現在はプンプイに教われないように玄関の飾りだなの上のほうにこうやって並んで座っております。

アジア地区ではこのほかにどこがあるんでしょう?シンガポールはあるのかな?店舗数少なそうだからないんでしょうかねぇ、 あとアメリカとかヨーロッパを押さえる?上に書いたようにまぁ、時期的にも無理ですね。

ちなみにお値段は日本が2,000円、タイは600THB、中国や香港、オーストリアはえらい中途半端な数字でしたので、 日本の2,000円ぐらいが基準になってるんでしょうか?アメリカは18ドルぐらい???

というわけで、同志達、世界中へ旅行へ行った際にはスタバを除いて、まだ売れ残っている可愛そうな子がいたら救って(買って) やって私のところへ、、、お願いします。

posted by パクチー at 15:56| バンコク ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

香港旅行〜二日目 マカオ

少々飛ばし気味の初日を終え、いよいよ今回のメインイベント(!)のマカオ〜ギャンブルツアーへ向かう。

地下鉄にのり中環、乗り換えて一駅の上環へ、ここでフェリーのチケットを押さえ20分ほど時間があるので朝食

ウホッ、きたきた吉野家。チケットカウンターを正面として右側の1階下にありました。

びっくりしたのは左にうつってるたべもの、なんと「出前一丁」牛肉セット。まんまインスタントラーメンです、っていうよりメニューに 「出前一丁」って書いてるし(笑)そのほかにタイで言うセンミーのセットなどあり。吉野家朝からお客でいっぱいです。

思いがけない吉野家の出現に幸先がいいなぁ、とフェリーに乗り込み1時間ほどでマカオ

ターボジェットの普通客室で$138(約552THB)国境を越える1時間あまりの船旅にしては安い?

ちなみに飯をとっとと食って乗り場にいったらまだ前の船が出発してない。強引にカウンター(座席番号シールを貼ってくれる所)へ行き 「乗せてくれぇ〜」というと特段文句もいわれずシールをぺたっとはってくれた。いいのかなぁ〜結構いっぱいで残りのシール(座席) もかなりすくなかったのだが・・・。

さてさて一応目的のカジノホテルまでタクシーで到着、めんどうくさかったのでチップ込みで$20(80THB)

そこで嫁とわかれて嫁はバス〜徒歩で観光へ、セントポール寺院にセドナ広場

で、私が勝負したホテルは

Wynn(永利渡暇酒店)です。新婚旅行でラスベガス行ったときはまだ建設中でした。それがここマカオで見れるとは。

中の写真はありませんが、ラスベガスのベラージオ風(Wynnは見たことがないのですんません)のひろびろとした室内、 っていうかでかい、まんまラスベガスクラスの広さ。元々ベラージオとWynnが似てるのは当たり前でオーナーがいっしょ (現在ベラージオは変わってます)です。このマカオWynnの前の広場はベラージオよりも規模は小さいが噴水ショーも見れます。

そういえば新婚旅行のときはベラージオに泊まったんですが世紀の「大停電」(といっても配送トラックが配電盤につっこんだ) 時で噴水をみれたのが最終日のみだったパクチー夫婦にも感慨深いものがあります。

で、結果は・・・オーストラリアの勝ち分はきだしちゃった(笑)っていうかさらに追加で(笑)

私はBJしかしないのですが平日の昼間とあってすべてテーブルはMIN$100、 しかしさすがアジアのカジノだけあってうるさい中国人おばちゃんが多い。 これにまきこまれるのはいやなのでレートの高いテーブルさがしていたのですがない、全部$100。

しかたないのでオープンしてないテーブルのディーラーを捕まえて「MINを300ぐらいにあげてくれ」 というとマネージャーと相談してすぐOK。しかし$100のMAXが$4,000(約6万円強) なのになぜ$300にしたら$8,000になるの??計算間違えてないかい?

結構重要なのはMINよりもMAXの数字、これが低いとせっかく乗ってきた時に上限にひっかかって「勝てる時に大きく勝つ」 というギャンブルの”勝てる要素”が減る原因となります。

ま、なんだかんだいってMIN$500でスタート、 ちょこちょこ掛け金をあげたり下げたりして遊ぶこと15分でマネージャーが近寄ってくる。「ミスター、 Wynnのメンバーカードお持ちですか?」

メンバーカードの存在はしっていたがここに泊まってるわけでもないし、第一マカオはコンプリメンタリーが少ない (コンプとは客がどれほど遊んだか、によって宿泊料や食事代をカジノが持ってくれるというサービス、上はエアー代の補助、 ラスベガスだとプライベートジェットでアメリカ国内送迎まである) ときいていたので作るきはなかったのだがパスポート預ければ勝手に作ってくれるとのことなので作ってもらう。

勝ち負けの金額を書くとやらしいので、最高の1回の掛け金だけかくと乗ってる時は$5,000(約75,500円)、 最高は$8,000(約12万円)を一回にかけて遊んでいたが今回は駄目。

約6時間ほど遊んでたが予算がなくなったので終了。嫁を呼び戻そうと電話すると (国際ローミングしていたので+66から電話すると普通につながる、SMSもOK)ホテルのバーに戻って飲んだくれてるとのこと(笑)

パクチーの戦果はあがらなかったが帰ろうとするとマネージャーが名刺持ってきて次回はカジノレートで宿泊させるから是非ゆっくり遊びに来てくれとお誘いを受ける、 でもここのホテル1泊4万円ぐらいするんだよなぁ〜、話はそれたが嫁の戦果は?

肉汁たっぷり肉饅頭($10)、パイのような生地の中にたっぷりのお肉がつまっててかぶりつくと肉汁がほとばしる。嫁いわく、 インドのナンを焼くようなつぼの中にこいつがはりついていてそれをおねえちゃんがひっぺがしてくれるそう(上の写真)

もちろんエッグタルトもめちゃうま、パクチーは嫁がお土産に買ってきたのをカジノのバーで食べたのだが冷めてもおいしかった。

残念ながら帰りヘリコプター($1,400ぐらい?(約21,000円)) でのご帰還とはならなかったが帰りはフェリーを変え尖沙咀につくフェリーにのる

チャイナフェ−リーターミナルとかいうところについて少々迷ったがホテルまで歩いて帰れるし、便利、 ただこのあともどこかへ出かけようと思ったら地下鉄まであるくことを考えたら素直に上環行きにのったほうがよかったかな

今日の晩御飯はホテルまで帰る途中にあった台湾式の麺屋

チンタオビールのんで(・・・なんで中国のビールは全部軽いの?グビグビのんじゃうじゃないの)

台湾式肉麺くって

三種の鶏肉食って

マーボー豆腐にマヨネーズスペアリブ、このマヨネーズスペアリブが大当たり。

ご飯は進むはビールもすすむわで大満足でした。

え〜っと相変わらず値段は覚えてません(笑)

 

 

というわけで今回のカジノ報告はあまり気合がはいってません(笑)

おまけとしてマカオのほかのカジノホテルの写真を少々

老舗ホテル&カジノ リスボア

それが周りの新興ホテルに対抗してあらたに建てたグランドリスボア

向こうに見える炎のような建物がグランドリスボアの客室棟(だと思う(笑))

posted by パクチー at 11:57| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

香港旅行〜初日

朝9時ぐらいのキャセイパシフィックで香港へ、

エ、エコノミーせめぇ〜っとえらそうに言ってみるがま、2時間半ならこれで十分。 出国審査もエリートでスイスイだしなんか適当にラウンジにも放り込んでもらったし(笑)

で、つきましたよ香港。時差は1時間、ちょうどタイと日本の間です。思ったより寒くなく、 暑くなくポロシャツの上にGジャンはおってちょうどいいぐらい(日陰、室内)外に出ると少し暑いぐらいでジャケットはいらないぐらいでした。

ちなみにこの後結構日中は暖かくずっと半そでで過ごせました。

すぐにオクトパスカード購入、HK$300(約4,590円)でデポジット$50(後で清算時に返却される)、空港エクスプレス往復 ($180)、地下鉄3日間乗り放題でした。

※ 4月17日調べで HK$1=15.30円=4.16THB

 文章内、$はすべて香港$としてください。

このオクトパスカードは便利便利、地下鉄にバスにトラムに7イレブンの支払いまでOK。 かなり磁気も強烈で香港人はカバンにいれたままカバンごと読み取り器の上にドスン、とのってけてました。

旅行者にとっては小銭を数えるのも使うのも面倒くさいので適当にこれに現金を入れて(駅で簡単にチャージできる)使ってました。 よく考えたらこれって日本では当たり前?タイでもあるのかな?最近。

エアポートエクスプレス内、快適でした。20分ぐらいで九龍駅へ、そこから無料シャトルバスK3でホテルまで。

九龍ホテル、立地は最高なんですが・・・せめぇ、せますぎる・・・。スーツケースを広げるスペースもなし。でもまぁいいか、 どうせ寝るだけだしリゾートホテルじゃないんだから・・・とお向かいに立つペニンシュラを見ながらこれでも平均$1,500/泊 (約23,000円/6,240THB)って高いなぁ、バンコクならCONRADに泊まれるじゃん、 と思いながらさっそく出かけることにしました。

まずは何をおいても麺、蝦ワンタン麺を求めてネイザンロード周辺を歩く。 しかし店はあっても観光客向けに英語どころか日本語のメニューがある、これはいかん、 探検隊としてはしょっぱなからこれではいけないとドンドンメインストリートをはずれて奥へ奥へと向かう。

ネイザンロード

奥へ奥へと入っていく

やっとどうやら地元ローカルのみが来そうな店を発見、メニューに日本語、英語なし。 っていうかパクチー夫婦は広東語など一切話せないが身振り手振りで注文に成功

 

来た、蝦ワンタンメンと隣は三色爆弾麺(たしかこう書いてた)

ワンタンメンは説明の必要ないでしょう。エビがぷりぷりで最高! ただ麺は細い乾麺を戻したような感じでいまいちパクチーにはヒットせず。そして三色爆弾はただの三種類のつみれ(ルークチン) ではなく中にそれぞれ「アン」が入っていておいしかった。

各テーブルにこういった「調味料セット」がおいてあって自分でアレンジ可能。

パクチー夫婦はチリソースをどっぷりぶち込んで食べました。しかしこの「酢」が曲者でして・・・色がピンク、どこの店でも酢はピンク。 これがなんかガソリンみたいで(笑)なじめませんでした。

これでコーラを1本飲んで$40(約600円強=165THB)。エンポリアムのフードコートレベルでしょうか? 意外と安いなぁと思いました。

なんか道に迷いそうになりましたがドンドン歩く(交差点に大きく揚がっていたNOKIAの看板)

え〜っと本人が忘れてましたが一応「モバイラー(笑)」として香港での感想ですが、みんな携帯を思い切り活用してましたね、地下鉄、 バスに乗ることが多いので目に付いたのかもしれませんがみんなMP3機能を駆使して携帯で音楽を聴きながら乗ってました。 さらに目に付いたのが「DS」と「PSP」。結構な人数が電車内でピコピコ。 若い子だけじゃなくおじさんもおばさんも暇つぶしにピコピコってかんじですね。 日本なら携帯でゲームかメールなんでしょうがタイもそうですがあんまり携帯コンテンツって充実してないのかな?

あとPDA関係もみんな使ってましたねぇ、ブラックベリーもよく見ました。 ネイザンロード沿いだけでなく町中いたるところに携帯ショップがあって雰囲気的にはタイに近い感じでした。ええ、「モバイラー」 ですから値段のチェックや機種のチェックは・・・・してません(笑)

さて、女人待へいきたい、と嫁が申すのですが少々時間が早いのでそのお隣のスニーカー街へ

あ、写真がねぇや(笑)ここで待ち歩き用にNIKEのかっちょいいスニーカー購入。少し型遅れなのか大幅割引をしていて$380 (1,580THB)で購入。うん、安い。

嫁は食いしん坊魂に火がついたのかローカルの若者がたかっている飲み物屋に突撃

手にして帰ってきたのはタピオカ?だかなんかのグミが一杯入ったアイスティー、 アイスティーといっても烏龍茶とかじゃなくてタイでもある甘いお茶です。

地下鉄のって移動してまたまた歩いて今度は男人街。

はっきりいって女人街も男人街も「ただのパッポン

売ってるものもよっぽどじゃない限りは「絶対これパッポンでも売ってるで」というものばっかりであんまり食指は動きませんでした。

 

じゃぁ、何が動いたねん?ってもちろんパクチー夫婦は食欲

男人街は海鮮屋台が有名とガイドブックに乗っててここが恐らくその屋台村(中に屋台が一杯)

なんかどうも「あまりにもそれっぽい」感じでいやだったのですが突撃

隣のファラン夫婦はそれぞれビール大瓶を飲んでつまみも食べずに帰っていきました。

お〜いお茶無糖とKingwayビール。これってやっぱり北京オリンピックバージョン?

実はこれがキャンペーンかなんかで大瓶一本$10でした、安!

焼きそばは日本風ではなくちゃんと中華風の味付けでしたがなんか懐かしい味。

右の野菜炒めはタイで言う「パックブーンファイデーン」(空芯菜炒め)、でも辛くないです。

牛筋とゆば(?)の煮込み、これはちょっと癖がありましたがなかなかいける。 タイのナムトックほど生臭くもなかったですがあんまりうまいとも思わなかった。

ホタテ。これがうまかった。細かく刻んだニンニクがいっぱい乗っててビールが進む進む。

したに春雨が引いてたのですがこいつがホタテの出汁を吸ってうまいうまい。

 

と満腹満腹で約$250だったかな?あんまり覚えてないっす (ビールが非常にライトな感じでガブガブ飲めるので飲みすぎて酔っ払ってきた)なんかあんまり「安くはないなぁ」 って感想はありましたがまぁ観光地ですからしょうがないでしょう。バンコクでも普通の観光客がいけるところに「安くて旨い」 ものはないですからね。

とりあえず「安くはなかったけど旨かった」で十分でしょう。これが「まずいは高いわ」じゃぁ最悪ですから。

さてさて食事が終わる頃にはネオンも点灯してすっかりいい感じに。

今回は飛ばしましたよぉ〜、まだこれで初日終了じゃない!!

こっから行ったのは・・・

スターフェリーに乗って香港島へ渡って

「中環」スターフェリー付場

バス乗り場から

トラムの写真がありませんが、いっきに100万$の夜景へ。

どうも曇ってますが別口で聞いた話によると最近はシンセンや広州で工業地帯が発達したので空気が汚れてるからだ!とのこと。

まぁ、100万ドルとはいわないですが35万ドルぐらいの価値はありました(意味不明)

頂上展望台

おっしゃれぇ〜なレストラン・・・すいません、嘘ですなんかしりません(笑)適当に写真撮りました。 すでにこの時点で11時をまわっておりパクチーは結構いっぱいいっぱいで(笑)

やっとこれにて初日終了〜!お疲れ様。

 

 

posted by パクチー at 15:36| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

香港旅行〜出発前

パクチー夫婦の香港旅行

期間 4月12日〜16日(タイ ソンクラーン休暇中)

滞在先 香港 九龍ホテル(九龍シャングリラではありません) 尖沙咀

目的○マカオのカジノでがっちょり勝って買い物三昧

   ○屋台〜高級〜麺〜お粥〜飲茶食べ放題祭り

   ○町歩きしまくりんぐ

 

さて本来ならパクチーは旅行の手配好きで事前にありとあらゆることを調べ上げ綿密なスケジュール、 もしもの時のプランBなど完璧に計画をたてるのだが、ソンクラーン前は忙しくすべての手配、段取りを嫁に任せていた。 嫁は香港には何度かいったことがあるとのこと、また泊まる予定のホテルも泊まったことがるのでバッチリということで任せていた・・・ 一抹の不安はあったが・・・

さて出発の2日前、やっと時間ができたのであれこれ香港での予定をチェックしていたら案の定全然予定ができてない。さすがお嬢様、 いきあたりばったりというか無計画というか奔放というか・・・。ガイドブックは3冊もあるくせに空港から市内へのアクセスを聞いても「え? タクシー乗ったらええんちゃうの?」

・・・さすがですわ(笑)

で、たまたまネットで予約したホテルの予約画面(?)と思しきプリントアウトした紙があったので読んでると???

「おかあちゃん、これ”あなたの名前での予約は0件です”って書いてるで」

「どういうこと?」

「ようするに予約できてない、ってことだとおもうんですが・・・」

「え〜だってちゃんとしたよ」

「(出たよ、ちゃんとしてたらちゃんと予約できてるっちゅうねん、このタイ人ボケ嫁が!!!)え〜っとね、 ここには全然予約番号とかないしね、第一ここに書いてることが・・・う〜んとね、今からもう一回ネットでチェックしてみようか?」

ということで急遽ノートPCを取り出しホテルのwebでチェック、もちろん予約なんて入ってない。 おそらく最終の確認画面まではいったんだろうがボタンを押し間違えて全部キャンセルしたんだろう。そりゃそうだ、 予約が完了していたら確認メール送りますって書いてるのにそんなメールまったく来てない、っていうんだから・・・。

で、もしかしたら直前でホテルとれないかもなぁ、と思いながら再度予約すると週末にもかかわらずあいてました。 平日の木曜日がHK$1,200、週末がHK$1,600、日曜の夜がHK$1,500で4泊OK。

九龍ホテルは地下鉄の尖沙咀駅に隣接していてどこにいくのも便利、埠頭までも徒歩だし回りにいっぱいお店もあるし、ゲストハウス& 両替で有名な重慶マンションにもすぐだし、と旅行者にとっては立地は最高。

 

え〜っと、まだ出発できねぇよ(笑)

posted by パクチー at 11:44| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

某アメリカ都市潜入中

成田のチェックインカウンターで

「は?明日帰ってくるんですか?」とお姉さんに驚かれた。。。

 

何故26日の午前中に出発したのに到着したら26日の朝なのだろう。。。

日付変更線との関係がいまいちわからない。

ものすごい勢いで暗くなって明るくなっていく空を見て

「まぁ、1日を早送りでやってるようなもんで、えぇ〜っと日付変更線をこえたから1日さかのぼって・・・」

考えるのはやめた。

 

東京で手に入れた新兵器の白にAISのSIMをぶち込んだらローミングの電波をキャッチしてくれた。

T-MOBILEとなってる。着信はできるようだがいまいち発信できない。6681〜からかけてみてもダンディーな男の声で

「これじゃぁ〜無理だぜベイビー」

といわれる。愛する(!)妻の声を聞くのは公衆電話からにしようとおもっが面倒くさくなってきた(笑)

うちの嫁、寝るのはやいからもう寝てるであろう。

しかしまあ往復の飛行機に乗ってる時間と現地滞在時間がほぼイコールなんて・・・うちの会社ってほんとうに鬼ですなぁ。

posted by パクチー at 23:48| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

なぁ〜んでか、東京です

もうすでに自分でも忘れてましたがブログ更新です。

おっかさぁ〜ん!ということで何故か東京にいます。

東京観光名所「No.1」の秋葉原の有料トイレ(笑)一回100円です。

コンビニでスタバのラテ売ってた・・・1号店シアトルのどうのこうの書いてますがはっきりいって普通のアイスラテ(笑)

で、何故か薄々携帯2種・・・鏡のさんにかぶってますが奥のはスライド携帯薄々。

 

・・・飛行機の中で2時間しか寝てないのでねむいっす。

久々のブログ更新なのになんてええ加減ナ・・・また、明日も移動なので向こうから更新できたらします。

posted by パクチー at 23:44| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

朋遠方より来る

先日アメリカ経由でお友達が我が家を訪れた。

お土産にいただいたもの

スタバのコーヒー(豆のほうね)

スタバ好きの大川さんあたりなら一発で気がつくであろうが

マークが違う!そう1号店のシアトルのもい古いマークを使ってるそうです。

その他

こんなものいただきました。

で、私にはわかりませんがコンピューターお宅の方々には垂涎物らしいのが

このSystem Centerの折り畳み傘(笑)

雨、というえば豪雨のこのタイで小さな折り畳み傘はどうなんでしょう・・・(笑)

 

ということで空港まで15分の我が家に来ていただきしこたま飲んでBKK市内のホテルへお帰りになりました。 翌日の7時半のフライトらしいのですが、、、チェックアウトして我が家にとまっていただけばよかった・・・次回からそうしましょう。

最近外にのみに行くのが面倒くさいパクチーでした。

posted by パクチー at 12:42| バンコク ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

タンブン(積得)

今日は私の勤める工場でタンブン(積得)がありました。

朝6時にこいっつうんでいったら坊さんくるの7時からって・・・眠い・・・

まだあたりは暗いです・・・家出るときに凍えるかと思うぐらい寒かった。

で、お坊さんがきてお経を上げていただいて滞りなく終了

しかしうちのタンブンちょっと豪華すぎるんでないかい?

お坊さんへのお供え物がピックアップ1台分ほど積みあがっているのですが・・・しかしほんとうにタイ人はタンブン好きですねぇ。 参加しているタイ人はこういったタンブンをどういった心構えで迎えるのでしょう?

見てる分にはもちろんお坊さんを尊敬した厳かな雰囲気があるのですがそれ以上にみんなすっごい楽しそうでもあります。 生活の中に仏教と仏教を敬う気持ちが浸透しているタイ人。日本人にはなかなか理解できませんね。

 

さて、ここでクイズ

動物です。でもこれを見たらタイの子供は喜び、日本の子供は泣きます。なんでしょう?

続きを読む
posted by パクチー at 17:23| バンコク | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

マルボロキヤァオが消えた・・・

毎度!最近支社の間を走り回ってお疲れのパクチーです。

 

私はいまだに喫煙者なのですが、最近私の吸っているマルボロ”ライト”メンソールがあちこちの店で売り切れです。 ライトでなくても普通のマルボロメンソールもありません。

・・・そういえば「マルボン ライト キィヤァオ」で一回で通じたことないですね。私のタイ語がまずいのもありますが、タイ人の店員、 まずマルボン(ロ)ライトの段階で勝手にタバコを探し始めて普通のマルボロライト(マルボロシーカーウ)を出してくる。

で、「ライト メントン」というと今度は普通のマルボロメンソールが出てくる・・・・。

最近では自分のタバコがなくなるまえにコンビニに行って箱を見せながら注文します。それでも3回に1回は違うもの出てきますが(笑)

 

話がそれましたが、最近会社の近所のコンビニ数件でこのマルボロメンソールが売り切れ続出。

たまたま偶然か?と思ったらKARAOKEのねえちゃんが俺のタバコみて「最近これ売ってないのよねぇ」とつぶやく、やっぱりか! さてさてタイタバコ公社はいったいどうしたのでしょう?メンソール用の葉なり薬品の注文を忘れて製造が出来ないのでしょうか?そんなバカな、 って話ですがタイならありえる(笑)

メンソールといえばパクチーは日本在住時代からずっとメンソールでしたが(セイラムライトかカールトンメンソール4mg)学生の頃は 「メンソール吸うとインポになる」とか言いましたねぇ。その頃は冗談で 「じゃぁ、メンソールすって抑えるぐらいでちょうどいい」っていってたのですが、最近は・・・・

・・・これを期に普通のタバコに変えようかなあ、でもタイの普通味のタバコってうまいのないんですよねぇ〜

え?タバコやめろって?・・・やめたいなぁ(笑)

posted by パクチー at 17:31| バンコク | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

ブリラム旅行記

おはようございます。

さて土曜日の午後から所用があって珍しく、というかはじめてイサーンのほうへ出かけてました。イサーンといっても入り口の 「ブリラム

ん?ブリラムってイサーンじゃなかったっけ?サラブリ大王どうでしたっけ?

帰りは上記のルートでかえってきました。サラブリ大王の大豪邸にお邪魔しようかとも思ったのですが疲れ果てて無理・・・ BKKからは約410km、4時間(飛ばして)〜5時間(普通)の旅程です。

帰りはチョクチャイ牧場によって嫁に「アイス、ヨーグルト、牛乳」の3点セットをお土産に購入しました。

そこでその地方では有名な遺跡、パノムルン遺跡に観光に行きました。

クメール朝の遺跡で一年に一度太陽の光がここの王宮の12(?)の門を一直線に貫くことがあるそうです。

タイ中のアマチュアカメラマンの憧れの写真だそうです。

(↑ここからずーーーーっと向こうに上る太陽が拝めることが1年のうち1日、数分間のみあるそうです)

王宮跡時代は1,000年の歴史を感じさせる荘厳なつくり、タイ人だけでなくファラン(西洋人)の観光客も多く訪れてました。

クメール美術といえばレリーフ、でも多数のレリーフは戦争時のドサクサでかなりの数がアメリカ(?)に持ち去られたとのこと。 タイ人がみんな「カモーイパイアメリカァ〜」といってました。

タイの派手派手お寺もいいのですがパクチーの好みはこういったクメール調のお寺、 カンボジアのアンコールワットには必ず行きたいと思っております。

今回ちょっとついでに、と立ち寄っただけですがかなり感動しました。 日本人の観光の方もちらほら見かけましたがはっきりいってBKKからわざわざいくのは距離が距離ですしなかなかないと思いますが、 もしこちらの方面に行かれる用事があって少し時間があるなら訪れて損はないと思います。

めずらしく「パクチーの旅日記」でした(笑)

 

posted by パクチー at 11:06| バンコク | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

オーストラリアケアンズ旅行〜カジノ

いやぁ、なんか31日付けの投稿の写真の中にへんなのが混ざってるって噂があるのですが・・・。

友人とパクチーの今回の旅行の最大の目的「カジノ」

しょせんGBRなんかそれぞれの嫁をだまらせるための口実ですよ。何が世界遺産だバカやろう(昨日と全然違いますが(笑))

男はカジノ、しかもカイジのような「背中がヒリヒリ焼きつくような」しびれる勝負!

新婚旅行もラスベガスでカジノ三昧(昼間は昼間ですべて嫁とのOPにつきあったせいで睡眠時間2時間平均) だったパクチーは意気揚々とでかけました。

とはいってもケアンズにはカジノは一軒のみ、 しかも年末年始ということもあり観光客で溢れこむのはわかってましたのであんまり熱くならないようにと「無駄だとは思いながら」 でかけました。

バカですかね、私は。5晩ケアンズ滞在ですからいったいいくら使うつもりなんだ、って感じですが。

パクチーは主にブラックジャックをやります。というかそれしかしません。皆さんご存知だとは思いますが手札を21にするゲームです。 22以上になったら問答無用で「負け」です。

実はBJにはベーシックストラジー(?)という「手札がこうで、親のカードがこうだったらこうしなさい(HIT、ステイ、ダブル等々) 」という”決まり”が存在します。確率上一番勝率がいいものがそういったチャートになってるんですね。 パクチーはそれを信じてプレーしますので勝負自体はオートマチックに近いものがあります。

じゃぁ、何をするのか?それは「次は勝つ(かも)」という予想によって掛け金を上げる(下げる)のが楽しい。 通常はA$25でうっててもカードの流れや勘で「次は勝負!」と思えば掛け金をA$100や200にしたり。

もちろん勝ってきて手元のチップが増えれば25が50になったり100になったり。勝負時に300はったりなどなど。

パクチーは今回の最高ベットは最終日、最終ハンドでのA$1,000ベットでした。バカじゃん俺。っていうか勝ったけど。こういう 「いけないことをしている」という「痺れ」がいいんですよ。A$1,000っていったいうちの工場の労働者の月給何人分だよ。ああ、 こんだけあればあれも買えたのに、あれも出来たのに・・・なんてこと言う人はギャンブルやっちゃだめ。 貯金をくずすどころか借金する勢いで背中に冷たいものしょってやんなきゃ(笑)

で、ごたくはいいからどうなんだ!っていうお怒りの声が聞こえますが

これ。最終日の勝負を終えて部屋でとりました。

よくみるとクリップで留めてますね、一束10枚です。コヒーバの葉巻がいいかんじですね。

で、もちろN「これだけ勝ったってわけじゃないだろ?いくらつかってこれだけ両替したの?」

もちろんその通りです。A$6,400手にするのにそれまでA$7,000つかってりゃ意味ありません。

 

って思いがちですが、実はこの前の日の昼間にパクチーは買い物してるんです。

ええ、私の趣味であるあるものです。・・・いずみさん、出番ですよ。

腕時計、タグホイヤーのメルセデスベンツ限定ダブルネーム SLR仕様。

これはその前の日のカジノの勝ち分で自分へのお年玉としてかっちゃいました!!!!

上の札束の写真はこれを買った翌日の写真です!うっひょぉ〜〜〜〜〜いったいいくら勝ったんだ俺?

 

さらに体の大きいパクチーはアメリカもそうですがオーストラリアへいけば買わなければいけないものがあります。

そう「服」、オーストラリアといえばサーフブランドの「ビラボン」「リップカール」 というメーカーがありますがパクチーは今回そのなかでビラボンをセレクトして

大人買い、実際はこの3倍、帰りにスーパーで別のカバンを買わないといけないぐらい大人買い。特に短パン、 サイズがあるやつみんな持って来い状態。A$80ぐらいする短パンを8枚ぐらい買ったかな? 一枚の海水パンツは次の日速攻でどろどろによごれちゃいましたがマイペンライ。シャツ、帽子も買い捲り。

まさに「マハラジャ」(笑)

PS 残ったお金は次の「マカオ」のために貯金しました!3月の頭ごろに行く予定です。

posted by パクチー at 15:10| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

オーストラリアケアンズ旅行〜グレートバリアリーフ

さてさて、大晦日にはATV(4輪バギー)&乗馬にいってきたのですが、まこれはいいでしょう(笑) 普通に楽しかったのですが写真もないし(笑)

で、お正月のアクティビティーは「グレートバリアリーフ」、これいかなきゃ、ケアンズに来たのはこれが目的(ほんとはカジノだけど)

オーストラリアに来てカンガルーもコアラも見ずに帰ったパクチーですが世界遺産のGBRだけは押さえました。 (いやぁ、カジノの上に植物園があって、そこにコアラがいるってことだったんですが・・・おかしいなぁ、 毎日カジノへはいってたんですがねぇ)

しかしそこはずぼらな友人夫婦と我が夫婦。グリーン島をまわってポンツーン(アウターリーフ) いってまた船でケアンズへ帰ってきてって面倒くさい・・・。

で、いきなりアウターリーフ(モアーリーフ)、そんでもって帰りはヘリコプターというマハラジャコースで行ってきました。

いやぁね、GBRすごいね、さんご礁。だってね、普通にブイで囲われた遊泳区域内でさんご礁に手が届いちゃうもん。 っていうかよくこういった旅行のキャッチコピーで「熱帯魚に手が届く」っていいますが、まじで熱帯魚さわっちゃった(笑) っていうかこいつら人間になれすぎ。

よく「こんな色使いありえねぇ」 っていうエメラルドグリーンに顔にショッキングピンクの縁取りが入った魚なんかもいてほんとにトロピカルな気分。これが金槌(25Mのみ可) のパクチーでも見れるってんですから奥さん。ラフジャケットに脚ひれつけたらあーらすてき、誰でも竜宮城ってもんでやんすよ。

で、これまたヘリコプター最高、超楽、超はやい、超高い。

帰りはまた船で2時間ってところなんですがヘリだと15分。しかも小型だったのでパクチー&友人夫婦で貸切、 なぜか周遊観光付で飛行時間25分、いったいいくら操縦士にチップ握らしたのか・・・(笑)

コックピット内、私はビデオ担当だったので写真がないんすよ、いやあったかな?GPSはサラブリ大王がお好きなガーミンでしたね。 ってかそれしかないのかな。

確かに値段は高い(@345Aドル)ですが、その価値はあり、空から見るGBRはとてもとても綺麗でした。尚、 操縦士がヘッドフォン越しにガイドもしてくれます。 パクチーはただでさえ英語が苦手で聞こえにくいヘッドフォン越しでしたので聞き逃しましたが、みなは操縦士の指示のもと、 海を泳ぐ海がめやマンタの姿を上空から眺めていたようです。パクチーはその間必至でビデオ撮ってました(笑)

では一言「グダグダいってないでGBRいったらヘリのりんしゃい

posted by パクチー at 14:27| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。