2006年12月31日

オーストラリアケアンズ旅行〜町並み、昼食など

ケアンズについて最初はずっと曇り空で時折雨がふるような天気でした。

カジノに毎晩でかけていたのですが、夜中になってタバコを吸いに喫煙所(屋外、テラス)に出ると雨が降ってる、 っていうようなかんじです。

で、最後の2日間ぐらいは晴れたのでその写真を(29日最初の到着時の曇り空と比較してみてください)

うーん、風も湿度が低くさわやかでほんとうに気持ちいい!カジノも最初の写真とは違って明るく綺麗!ま、 この写真最後の出発前に撮ったのですが綺麗に見える要素があったんですねぇ、、、ま、それはおいおい

さて、旅行の楽しみといえば「飯」なのですが、ブロガー失格のパクチー、写真がほとんどねぇ(笑)

街角のバーで取った昼食、そういえばケアンズの町は歩道にみんなテーブルを出してカフェやバーが営業してましたね、いいんでしょうか? ま、BKKの「路上屋台」とは大分趣がちがいますが。

写真はなんていうんだっけ?ラップ?ナンの薄いような生地でまいたサンドウィッチなのですが、でかい。

手に持つとずっしりと重たかったです。一番左のジュースはレモネード(炭酸入り)。アメリカでも飲みましたがおいしいねぇ。 大好きです。アメリカ行ったときに気にいって飲んでいた「レッドグレープフルーツジュース」がなかったのが残念ですが。

フィッシュアンドチップス、英国系ですからね、 昔々NZに行った時に街角のスタンドで買ったときは新聞紙にくるまれてましたがさすがにカフェで食べるときちんと出てきます。

はっきりいって「別にうまくともなんともない」って感じですわね(笑)でもこいつとVBビール飲むと「ああ、オーストラリアだぁ〜」 みたいな(笑)気分を盛り上げる小道具のようなもんです。

いきなり街中の交差点の写真ですが、ほとんどはこういったように空は曇ってました。 紫外線がバリバリきついので日の当たるところにいると本当に腕から「ジリジリ」と音が聞こえるようでした。もちろん、 まっかっかに焼けてしまいましたが友人の嫁も我が嫁も「50++」とかいう強力な日焼け止め塗ってました。

パクチーはその日焼け止めに書かれてる値段をみてクラクラでしたが(笑)

 

posted by パクチー at 13:42| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

オーストラリアケアンズ旅行〜ホテル パシフィックインターナショナル

えーっと写真がないのでその他の記事がかけません!!(笑)

で、ホテルについて書いてみようと思います。

泊まったホテルは「パシフィックインターナショナル」。ケアンズ唯一のカジノ「THE REEF」のカジノの正面にあり、 どのガイドブックにものっている石焼ステーキを出すウォーターフロントというレストランを備え、 GBR旅行の出発点となる集合場所までは徒歩圏内、買い物にも最適なDFS(ディーティーフリーの横)という立地的には超最高のホテル。

しかぁ〜し、サービスは最低、ってか糞。

ご多分にもれずここも日本人(ワーホリ?)を使っていてフロントにも女性がいるのだがこいつが駄目駄目。

確かに英語はうまい、素晴らしい。一生懸命勉強してきたんでしょう。ですが勘違い500%、よくあるパターンですが 「海外で働いてる私ってすごい」「どう?私英語で仕事してるのよ、かっこいいでしょ?あんた達(観光客)は英語もしゃべれないの? バカじゃん、プ」ってオーラだしまくり。

何故ゆえにこちらが日本語で問いかけてるのに英語で返しますか?

っていうか、そんなえらそうにしてますが、あなたがここで働けるのはその「日本人観光客が多い」からなんですが

もしかして「ホテルマン(ウーマン)として雇われてる」とでも思ってますか?

僕の友人の某5つ星ホテルのマネージャー連れて行ってこ一時間どころか8時間耐久で正座して説教してやりましょうか?

 

しかし今回の旅行中にこういった「勘違いワーホリ」をたくさんみました。なんか海外で働く自分ってすごい、かっこいいと思ってる。

そう「自分のことを白人だとおもっちゃってる」人々。。。

なんでもいいから働いてる以上きちんと「働いて」ください。あんたらの仕事って日本人相手専用でしょ? 仕事っプリみてたらもし普通に自分の会社にこんなのがいたら速攻でクビにするぐらい使えないのが多いのですが・・・。

ま、この仮称「エリー」も痛すぎる人で白人のスタッフと内輪で談笑している時は笑顔、でこちらが話しかけたら眉をしかめて 「英語」で返答する。

・・・バカですかねぇこの人。先にも書きましたが私ども「私を除けば」全員英語ペラペラ(それぞれ英語圏に留学経験あり) なので最終的にはフロントにエリーがいても無視して白人のスタッフと話しましたが。白人のスタッフは(それがホテルでは当たり前ですが) 愛想もよく「せっかくの旅行、楽しんでね、私達も精一杯お手伝いするわ」って気持ちが溢れてました。

エリーはそれでもプライドがあるのか我々と白人スタッフが会話していると(パクチーは相変わらずうなずいてるだけですが) 横から入ってきたそうにしている、まるで「日本人の癖に私抜きでこのホテルスタッフと話しないで」みたいな(笑)

で、結局パクチーに「あ、あんた別に必要ないから」と日本語で言われる。顔青ざめる。「な、何言うんですか私日本人通訳として・・・」 「いや、通訳ならいらないし、ってか”ただの通訳ならまぎらわしいからホテルのフロントに立たないで”」っていうと口パクパクさせてるし (笑)

なぁ〜んだ、日本人顔の日本人名の実は香港生まれで日本語の会話が得意じゃない、 っていうもっすごいエリーに都合のいいように解釈してあげてたのにやっぱりあなた日本人ですか(笑)

 

いやエリーはおいといてもうひとつこのホテル許せないのは部屋が狭いとか、シャワーがしょぼいとかは置いといて朝食。

一応私達はバンコク市内の旅行代理店からホテルを朝食付きで予約しました。コンチネンタルブレックファストなんですが。

で実際ホテルについてみるとスクランブルエッグにベーコン、ソーセージ、ベイクドトマトや豆料理。野菜に果物、ヨーグルト、 シリアル等々BKKの1,000THBクラスぐらいの朝食はある(下手するとBKKの1,000THBホテルのほうが豪華ですが)

いえいえ、何よりうれしいのは白いご飯とおみそ汁、それに納豆があること!!!!

いい、最高!!!っと思ったら・・・それはJALの旅行代理店を通じて来た客だけなんだって・・・。何それ? そんな説明受けてませんが。滞在4日目の朝食時にそれでちょっともめる。またエリーだよ(笑) いきなりきてご飯食うなら7ドルチャージするって!!おいおい、 それなら一回目は注意にとどめておいて次はってことでと思ったらなんと堂々と「最初に説明した」って・・・だぁ〜れも聞いてませんが?

もしかしてお得意の英語での説明でした?(笑)ま、別にせこいこと言わないからま、しょうがない、 じゃぁ普通のコンチネンタルBFということでクロワッサンと卵とソーセージと・・・え?何??

コンチネンタルBFってサラダとハムとパンと果物と・・・って冷たい物だけ?

え?スクランブルエッグやソーセージは?え?それは「インターナショナルブレックファスト???」

 

・・・どうもこのホテルはBFが「コンチネンタル」(我々)「インターナショナル」(いわゆる普通のBF)「ジャパン」 (インターナショナル+白米、みそ汁)と3種類あるようで・・・

っていうかBKKでどんなに安いホテル(REXとかでも)でも朝食付きといわれてベーコンや卵料理食べれなかったことないですが?

 

すごいホテルがあったもんです(笑)ちなみにこの朝食バイキングを食べるところがこのホテルで有名な石焼ステーキのお店・・・ しょぼい、しょぼすぎる・・・ま、お肉おいしかったですけどね、えび付にしたんですがえびは思い切りしょぼいですが(笑) 一番最初にも書きましたが「BKK滞在の人、ケアンズでシーフード食べたら後悔するよ」

絶対BKKのほうが安いしうまい。ついでに書くとケアンズのシーフードで有名な「カーニーズ(レストラン)」これも・・・。

一番お勧めの冷たいシーフード盛ですが、、、おまえこれで69ドル(6,500円強)って・・・最悪。

ちびっこくてひからびたような牡蠣、ゆですぎなのか味の抜けたカニ、普通にコンビニの弁当にでも入ってる程度の海老。もうねぇ、 最悪ですねぇこりゃぁ(笑)他のステーキやパスタ類はま、観光地で食べるなら許せますが。。。 この店もはやりすぎて忙しいのかうちのグループの中のオーダーひとつ忘れてるし、それ以前に料理でてくるまですっごい待たされるし。

最終的にオーダー忘れした皿が出てきたのが他の3人が食べ終わってから30分後ですよ!他のメンバーが食べ初めて「もしや」 と思ってチェック入れると「大丈夫です。もうすぐです」といわれ、結局食べ終わってから「あ、オーダー抜けてました」 それでも笑顔でこっちがまってると10分、20分。もうキャンセルしてください、っていったら「もう出てきますから」 といわれてさらに10分。

さらにスタッフ達が忙しすぎて余裕がない、なんか殺気立ってるし(笑)皿を一杯持って走り回るスタッフ、 皿からフォークが落ちて派手な音を立てる、あげくに階段に躓いてころんでますよ・・・。

もうねぇ、おまえはソンブーンかと(笑)この値段払うならラマ4のスロントンシーフード行ったら鼻からシャコがでるぐらい食えますよ、 ってか絶対食いきれねぇ(笑)

 

と一気に愚痴をいいましたが、 今回の旅行でこの2軒だけはメンバー同士であちこちの掲示板等で書く機会があれば書こう!!っと決定したことです(笑)

もちろん素晴らしいレストランもありましたのでそれは別途紹介します。

posted by パクチー at 13:58| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーストラリアケアンズ旅行〜ラフティング

来た!これがやりたかったのです、ゴムボートでの激流くだり「ラフティング」

我々が参加したのはレーシングサンダー主催のバロン川半日ラフティング(グレード3)

もうひとつのタリー川1日ラフティングのほうが激しくて(グレード4)楽しいとのことですが、時間が丸1日つぶれるし、 ラフティング経験者がいなかったこともあり、とりあえずお試しでやってみようということになりました。

ラフティング中は写真が取れませんのでご了承ください。

 

我々の夫婦2組ともう一組の若い日本人カップルにて1つのボートを使用。ガイドは日本人のTAKAさん、 オーストラリアラフティングガイド暦12年のツワモノ。このTAKAさんが実に”うまい”。乗せ上手というのか途中で「いやぁ、 こんなに息のあった素晴らしいこぎ手は今年一番ですよ」とか「みんなノリがよくて今日は仕事わすれて楽しめちゃう」 とか非常にこちらがうれしくなるようなことをいってくれる。もちろんボードを操るテクニックもすばらしく、短く的確な指示でボードを操る。

さて現地に到着し、ライフジャケットやヘルメットをつけるとボートを担いで川まで、すぐに乗船してラフティングトライ。

いきなり「フェイスウォッシュ」と呼ばれる滝(といっても段差1〜2M程度?)でボートが横向きのまま落ちる。 お約束のようにパクチーがボートから転落するがみんな笑って楽しんでくれたようだ。でも実は泳ぎが得意じゃないパクチーは必至、 耳に水が入って最後まで抜けずに苦しんだ。

途中「激流」と呼ぶには少々緩やかではあるが、岩をすり抜けたり、はたまた岩に激突したりしながらボートは下る。途中「はい、前こぎ」 とか「右によって」とか指示が飛び、みんなそれに従って全員が一丸となってボートを操る。

途中の流れが緩やかなところでは、全員ボートから川に飛び込んでプカプカただよって流れを楽しむ。

 

実質ボートに乗っていたのは1時間半ほどだが非常にエキサイティングで楽しかった。 男性だけのグループだといきなりタリーの1日ラフティングでも大丈夫!バロンでは流れが緩やかで「こぐ」のが多く疲れたが、 タリーのほうなら逆に流れがきついのでこぐのは少なくてすむそうだ。

最後はこんな静かな湖畔に到着、ここで着替えしてラフティング前やラフティング中の写真を買う。この「写真を買う」 ってのくやしいけどさすがにいい写真を撮るので購入してしまった(笑)

全部のOPツアーでこの「写真を撮る、買う」というのがあるがさすがにいい写真とるねぇ、しかも高いし(笑)ま、 OPツアーはこれで収益を上げているんだろう、うん、まぁ、納得の写真だからよしとしよう (デジカメ一眼で撮ってプリントアウトするだけなんだけどね)

posted by パクチー at 00:01| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

オーストラリアケアンズ旅行〜初日

さて、到着一夜明けて朝からお散歩がてら現地オプショナルツアーを求めてぶらぶらと街を散策。

どうやらセントラル?と呼ばれるモールにレーシングサンダーというツアー会社のデスクがあるとのことでそこへ出向く、 後ほど街中をぶらぶらして気づいたのだが街のあちこちにツアー会社があってそのどこからでも申し込みができるようだ。

本来パクチーは事前に準備をばっちりしていくほうで、 新婚旅行でラスベガスに行ったときはネットから落とした情報に自分で作った予定表(分刻みのスケジュール)、 予定が狂った時ようの別オプション一覧。ホテルの予約やショーの予約の控え等の一覧などなどで一冊のファイルができるほどであったが、 今回は友人夫婦の奥様におまかせ。

そしたら「オプショナルツアーなんか現地申し込みでいいよ」の一言。まったく予約してないってパクチーには不安一杯でしたが・・・。

で、そのデスクについて旅行に来る前にとりあえず話していたどうしてもやりたいこと「ラフティング」

写真がないのでネットから拝借

「ATV&乗馬」

 

そしてグレートバリアリーフ

日本でネットで調べていくとこのGBRはまずグリーン島へ船で一時間ほどかけていって、そこで数時間滞在、でそっからアウターリーフ (外側のさんご礁の綺麗な所)のポンツーン(巨大浮き島)へまた1時間ほど船、 で帰りはそこから2時間ほど船でケアンズというパターンが多かったのですがパクチー的には他で調べてもあまり評判のよくないグリーン島はいらない、 また帰りに2時間も船に乗るのがいや、ってことでデスクのおねえさん(気のいい、オージー)にこちらの希望を伝えたところ

朝、船で直接ポンツーンへ(1時間半〜2時間)、帰りはヘリで帰ってくる(約15分)というツアーがありました。

お一人様345ドル(1ドル≒95円)もしますがやっぱ空からもGBR見たいし。

 

で、半日ラフティングはその日の午後から、翌日に「ATV&乗馬」、正月元旦にGBR、 2日はお買い物デーで3日に帰国というプラントあいなりました。

午後からのラフティングの様子は・・・土曜日にでもまとめてUPします。

posted by パクチー at 14:14| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーストラリア ケアンズ旅行〜出発から現地到着

今年はめずらしく6日間も休みがあったので友人夫婦とオーストラリア旅行へ。

カメラが嫁に金庫にしまわれたので(笑)写真少ないですがアップします。

文章も忘れないうちにということで駆け足で書きますがあとでまた更新します。

まずはケアンズを選んだのは

○屋外アクティビティーが充実していること

○カジノがあること

という2点から選びました。もちろんラスベガスでもよかったのですが時間がかかるのでじゃぁ、 グレートバリアリーフとカジノのあるケアンズにしようと、街も小さいので歩いて回れますしね。

ちなみにOPツアーは「バロン川半日ラフティング」「ATV(バギー)&乗馬」「GBR(アウターリーフ)帰りはヘリコプター」 の3つを現地についてから予約しました。(4人で総計約2,600ドル(=約25万円!!!)

まぁタイから行きましたのでなんでも「物価が高い!!!」ってのが正直なところ、 OPツアーもそうですが飯を食べるのにいちいち一人数十ドルってのがねぇ。

 

さてさて、準備ですがタイランドエリートでチケット申し込むも我が夫婦、嫁の分だけとれず。 ふたまたで手配していた旅行会社のほうでチケットを手配する。エリートなら1枚ただなのに・・・いたいぜ、、、 オーストラリアまでのビジネスは10万THB超えるし・・・。

今回一緒にいった友人夫婦はマハラジャですのでビジネス限定・・・結構パクチー家は庶民ですが「ごっつい」 飛行機代を払ってまずはオーストラリアのブリスベンまで約9時間、 その後カンタスの国内線でケアンズへ飛び現地着が夕方というスケジュールです。

ちなみに出発1ヶ月前は時間もあったのでネットでいろいろ調べたのですが出発直前は仕事が忙しすぎてあまり調べることができなかったので地球の歩き方リゾート編の 「ケアンズ&グレートバリアリーフ」を買って持って行きました。あまりつかいませんでした(笑)街もめっちゃ小さく、 主要な買い物範囲はすべて徒歩でまわれましたし、碁盤の目になっているので迷いもせず地図をみることもほとんどなかったです。

あと行ったメンバーはパクチーを除いてみんな英語達者。パクチーは横でえらそうにうんうんうなずいているだけでした。

あなたお留守番ですから、人間よりお高いホテルにお泊りしてください。

機材はまぁまぁ新しいもの、 シェルフラットではありませんでしたがでっかいモニターがついてて映画もたくさん準備されていて快適でした。

もちろんパクチーはゲーム版ブラックジャックでカジノ気分を盛り上げる。

お〜町並みが見えてきましたよ、ってかんじでブリスベンへ到着(多分これブリスベンの写真だったと思う(笑))

タイを2330に出てえーーっと時差がプラス3時間で現地の12時ごろちゃくだったかなぁ〜(記憶があいまい(笑) チケットを見直せばいいのですが面倒くさいので省略)

いやっほぉ〜抜けるような青い空、湿度の少なくいい風が吹くブリスベン国際空港

こっから電車で国内線ターミナルへ移動です(一人4ドル)

で、いきなり乗り換えのブリスベンの空港の国内線乗り場

バンコクからブリスベンまで約9時間、そっから国内線でケアンズまで2時間半。日本からなら直行便が出てるので楽なのに・・・ 実際狭い街に日本人が一杯でした。

でとまったほてるがこれ、はっきりいって立地以外なにもなし。部屋せまいし、風呂もだめだめだし(笑)

ま、いいか、部屋は寝るだけですから。

で、目の前のがカジノ(左の黒いの)初日の夜はBJであまりあつくならず(ほんとうはしょっぱなから負けがこんで泣きそうだった) に350ドルぐらいの勝ちでおわりました。このあたりはまたのちほど。

で、現地についたのに何一つオプションももうしこんでなくて今からツアーデスクへいって選ぼうという大胆な行動をするパクチー夫婦。 年末年始のこの日本人の多いときにこれでいいのか????

posted by パクチー at 10:33| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

久々の「肉塊同好会」活動

かってにひそかに盟友と位置づけてるヨシダ兄貴にあついコメントもらいましたので(というか偶然ですが)昨日「肉塊同好会」 (これまた勝手に結成)としてダブルビッグマック征伐にいってきました。

場所 モーターウェイ、BKK方面上りSA内のマクドナルド

(下の記事で紹介したとおりこの情報を見かけたのはCHONBURI方面行きSA内のマック)

お値段 セットで139THB ってたくね?いや、ちがったかな???

で、四の五のいわず

ずん、あ、なんか見えにくい(笑)

普通のビックマックと違って「箱入り」です。KFCのバーガーと同じ構造の箱ですな。

意外と見たときのインパクトはすくなめ、たいしたことない。

ちなみに写真がでかいのはご愛嬌。

で、面倒くさいのでごたくは並べずいきなりメガマックに襲い掛かる

なんだよ、箱から姿あらわしたらなかなかの迫力ジャン、、、っていうほどでもない。

たぶん見た目のインパクトならバーガーキングの「トリプルワッパー」のほうが強烈だろう。 今度是非パタヤのマックとバーキンが並んでるショッピングモールで両方を同時購入して並べてみたいものだ。

で、このメガマック手にとって見ると・・・・おもてぇ・・・おもてぇよ・・・。たかが肉のパテが2枚増えただけなのに。。。

で、かぶりつく、やみくもにかぶりつく、とりあえず口に押し込んでみる。。。

モガモガ・・・グフゥ〜、ングッングゥ。

一口でかぶれねぇよ(笑)

あのビッグマックですらなかなかかぶりついて、ってむずかしいのに推定8mm(4mm×2)(パクチーの見た肉パテの厚み) が増えただけでかなり強烈だぜ。なかなか手ごわそうだ

ガブッガブッ、、、ふふふ俺をなめてんじゃねぇぜ。だてにこんな体をしているんじゃないぜ。

と一人で寂しくマック店内でかぶりつく、そして衝撃のトラップ。

 

バーガーがバラバラ

し、しまった。このメガマック、下の段はまだまだチーズ等で接着力があるが上の段がバラバラに。噛み付けば噛み付くほどパン(上)肉 (上段)パン(中)がずれて逃げていく、おかしい?いつものビッグマックならこの状態で手にソースがどろっと負け出て汚しているはずなのに、 、、

それもなしにこの崩れよう。

「上の段ソース忘れてんじゃないの?」

という疑惑が一瞬あたまをよぎったがもうとまれない。すでに原型をなくしたバーガーは地面に接地することを嫌い、 っていうかすでに置けるようなかたちしてねぇ、ってか手をはなしたらもう分解するのは必至!!!!

で、最後まで一気に口に放り込みましたが、やっぱこれソース忘れてんじゃないの? なんか肉の味はするけどバーガーの味としてはどうなんだろうねぇ。ちょっと不満。

 

尚、初心者には本場アメリカで体得した技、「うえらからプレスしてペッたんこにしてからかぶりつく」って技をお奨めする。 ちなみにアメリカでこうやってバーガーを食うアメ公を見てふわっとした食感もへったくそもねぇじゃん。 だから駄目なんだよアメ公!!!

というわけで、期間限定なのかレギュラーメニューなのかも知りませんが突然消えそうな予感がしますので是非お早めにためしてください。

posted by パクチー at 11:03| バンコク | Comment(3) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

来た!!!俺の兄貴は嘘つきじゃなかった!!!

ずいぶんサボってましたパクチーです。

 

昨日あるコンペで同組の方に耳元でぼそっっと

「最近ブログさぼってるんちゃう?」

といわれました。びっくりしました(って別に隠すようにしてたわけじゃないですが)

そうです!あなたです○○さん。握りの勝ちは次回まで大事にあたためておきます(笑)

 

さて、大分前にタイのNOKIA野郎さんのブログでバーガーキングにて「トリプルワッパー」 なるものが発売されているという記事にパクチーが「昔、兄貴がアメリカ行ったときにアメリカにはそれぞれ2枚ずつ肉のはいった” ダブルビッグマック”というのがある」と聞き、やっぱアメリカってすげぇ〜と思いつつ一度も目にすることなく20年ほど経過したのですが、 今日モーターウェイのマックに寄ったときに

とうとう発売されてました。タイランド!

何故実物の写真がないか?さすがに朝飯にこれは・・・近々現物にトライしたいと思ってます。

 

パクチー@だから痩せないのよ

posted by パクチー at 13:16| バンコク | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

物騒な世の中ですので

なんとエンポリで売ってました。

ゴルフ用品売り場の奥のほうのいろんなスポーツグッズ売ってるところでナイフ類と同じケースにはいってました。

お値段1,990THB、5%割引だといってたのになぜかパクチーが払ったのは1,011THB???

あえて報告はしませんでしたが走って逃げるのもかっこ悪いので普通どおりゆっくり歩いてその場を離れました(笑) もし声をかけられたら返そうと。でも声がかからないということは「この値段でよかったのだ!」ということにしましょう(笑)

 

さてさて、もちろん皆様「ビーバップ」世代にはおなじみのこの特殊警棒。

こんなもん持ってどうするんだって?別にどうとも(笑)気持ちの問題ですね。

パクチー実は小中の頃は地元では知られた剣道少年だったのです。市の大会では優勝、地区選抜にもすすんで、という程度。

じゃぁ、これもってたら怖いものなし?そんな中学生みたいなこといいません(笑)威嚇した後投げつけて走って逃げます(笑)

その「威嚇」の為の道具です。

 

これを握って思い切り怖い顔をして鏡でにらんでみました・・・ちょっとちびった(笑)

PS 写真X01HTでとりましたがなんか暗いねぇ、 多分いろんな調整が出来るのでしょうがいつもの英語版のくせで説明書読んでませんでした。今度は説明書も日本語だからじっくり読んでみます。

posted by パクチー at 15:41| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

新空港へ行って見た

週末両親が来てました。ねたがなくさぼり気味で申し訳ありません。

本日はプンプイのほうと同じ記事をupです。

 

さてさて自分の両親の見送りは行きませんが(何度も来てるしね)急遽上司の知人をお出迎えしに新空港へ行ってきました(笑)

イメージ的に大きな関空って感じですかね。今回運転手いなかったので自分で運転して駐車場に車を止めました。

CHONBURI方面からモーターウェイで来て空港の引き込み路へ、うーん、快適ですねぇ。 はじめてなので看板を必死でみてキョロキョロしながらですが無事問題なく駐車場へ。駐車場一杯でしたが、 角に車停めれるスペースあったので突っ込む(笑)

しかしマナーもくそもないタイ人だけにターミナルとの連絡橋の入り口に車停めて荷物を出し入れするので狭い通路でかわすこともできなくて渋滞 (笑)それに駐車場内の案内板が見難い。もっと大きくすればいいのにね。

お出迎えのために1階に下りる。

ぱっとしたイメージとして「どこも人が溢れてる・・・」

ドムアンと違って人の通るスペース(待ち受けるスペース)が極端に狭い。 ツアーのお出迎えのプラカードを持った人たちと一般のお出迎えの人たちがもうぐっちゃぐっちゃで。

外は通路が2本、ターミナルに近いほうがリムジンとか専用で外が一般。この作りが関空っぽい。

一応内側のリムジン用は警備もしっかりしているのか整然としているが外側の一般用は惨い。 2重3重駐車で実際車が走れるのが2レーンのみ。それも車を停めようとするのと出ようとする車ですぐに停まってしまい大渋滞・・・最悪(笑)

空港内は噂どおりすべての標識、掲示板が小さい、色が悪い(白黒)で分かり辛い。慣れるまで大変。旅行で来た方はもっと大変でしょう。

回転扉ははっきりいって意味がないんじゃないの?みんなその横の普通の扉つかってるし。 これは空調を気にしてこうしてるのだと思いますがはっきりいって・・・ねぇ。

 

ま、無事お客さんを迎えの車に乗せて送り出してパクチーは帰宅の途へ。

駐車場を出て「AIRPORT EXIT」のサインにしたがって車を走らせる。途中「KING-GEO Rd.,」 の表示があるほうに従っていくと・・・キンゲオ通り北端にでました。で、家まですぐ。

キョロキョロしながら&ゆっくりと空港を見ながらだったので非常に遅いペースで車はしらましたが駐車場を出た地点 (そういえば料金はなしでした)から自宅の駐車場に車停めるまでジャスト20分。慣れてきたら15分かな?便利便利。

 

当分自分で空港を使う予定がない(正月にはどこかへ遊びに行くかもしれませんがプンプイいるしね) ので内部のことは当分わかりませんね。エリートで出入りするとどうなのかな? ターミナルから実際飛行機にのる場所は端っこまでいかなければいけないとすればかなり歩きそうですね。

PS みんなプンプイのほうもよろしくね。

posted by パクチー at 14:44| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

24 シーズン6予告編

http://www.24trailer.com/

いよいよですね、24 シーズン6

アメリカで今夜からだっけ???

シーズン5のDVDも日本では今月発売ですよね。うちの嫁がまた買うことでしょう。

予告編、さすが24、そそられます。

あぁ〜早く見たいなぁ

 

posted by パクチー at 16:17| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

新ブログ「プンプイ」

やっと、というかなんというかペット用に新しいブログ作りました。

プンプイ

ただの犬バカブログにならないようにと思ってはいるのですがさてどうなるでしょう。

 

ひとつ気づいたことは「犬の写真撮りたきゃちゃんとしたデジカメを」ですね。

804SSのカメラでは画質はいいとしてシャッタースピードが遅いのか、 はたまたそれ以前のシャッターボタンをおしてから実際シャッターが下りるまでのタイムラグが大きいのか犬を撮ろうとすると全然使えません。

ましてや「じっとして」といってもいうことを聞かない子犬を撮るのにはだめだめ。で、 以前買ったサイバーショットを出してきたのですが今度は充電器がない(笑)こりゃまいった。今日は家に帰ったら家中さがさなきゃ (多分引越しのどさくさでどっかにまぎれこんでいるはず、だって買ってから数回しか使ってないハンディーカムも見当たらないし(笑))

ってなことで皆様新ブログのほうもよろしくお願いいたします。

あ、あと人気ブログランキングの犬ブログ部門にも登録しようと思ってますので (笑)

え〜っとみんな平均すると会社のPCにノートPCにモバイル持ってるから3台でしょ? それぞれから1日1回クリックしてくれたらすぐに上位に躍り出るなこりゃ(笑)

ということでよろしく(笑)

苦労して撮った一枚、うまい具合に尻尾がぶれて高速で尻尾を振っているのがわかるのですが・・・。あ、 新しいデジカメ買っちゃいそうな予感(笑)

 

posted by パクチー at 12:33| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

誰に断って・・・・

今朝自宅待機中のパクチーは下のリビング(現在テーブルソファーをすべてどけてシングルのベッドマットを置いてる) にて日本のキムタクのドラマ「エンジン」を見てました。

そうすると家の前に乗用車が1台、2台と停まる。

おいおい、なに人の家の前にとめとんねん。みたいな。 隣の家がここのムーバーンのモデルハウスのようになってるから平日の朝から見にきてるのかな?と、でも事務所の前に駐車場あるやろ、 道一本はさんで向かい側なんだから歩け、っちゅうねんと思いパクチーは文句いってやろうと表にでました。

※注 現在のパクチーは入院にそなえて丸坊主にしてしかも入院中一度もそらなかったひげ(しかもあまり濃くない(笑)) が怪しさ全開です。ハリウッド映画に出てくるアジア系の悪役、でてきて10秒で撃ち殺されるような悪役顔です(爆)

そうするとなんか隣の家に人が一杯、その家の前にも車が一杯とまってる。 駐車スペースのようなところにはテーブルまで出してジュースや食べ物が・・・ん?お坊さんまでいてる。

ああ、隣が売れて誰かはいるのね、まぁまぁそんな祝い事なら許してやろうと思ったら・・・

裏庭で撮影してるし(笑)(携帯で遠くからだからごめんね)

なんか化粧の濃いおねえちゃんが台の前に並べられた洗剤を手にカメラに向かって笑顔でしゃべってる。

ふぅ〜ん、っと5秒ぐらいながめてすぐに部屋に戻りました(笑)

CMかテレビの宣伝コーナーの撮影なんでしょうね。タイならではというか人が一杯なのが印象的でした。

昔々パクチーが高校生のとき「探偵ナイトスクープ」の小枝のコネタ集に出た(といっても友達一杯で) 時はもっとスタッフの数が少なかったような・・・。ま、いい暇つぶしにはなりましたが

というわけで

われ、 誰に断ってひとの家の前に車とめとんねんごらぁあぁぁっぁぁぁ〜

はありませんでした(笑)

posted by パクチー at 17:31| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OZONO

BKKの犬好きのお洒落スポットが(結構前からですが)フジスーパー2の近く、 ペップリからソイ39にはいって橋を超えてすぐの左側にできてます。そのなも「OZONO」

ペット用の美容室&ホテルからペット用品店があり、ドッグランもあったりでしつけ教室もあります。

その他ペット連れでいけるカフェやレストランに、おっされなブティックやSPA(人間用(笑))も。

で、子犬を迎える前にここのトリマーさん(日本人)にいろいろ相談にのってもらってたのでプンプイさんつれて挨拶にいってみるかと (プンプイさんはワクチンがまだ完全じゃないのでだっこですが)

めちゃめちゃタイ人(小金もち風)やファランが集まるお洒落スポットじゃないですか(笑)

数ヶ月前にお昼にしか行った事のないパクチーはペット病院のいきがけの駄賃と思ってたので短パンサンダルでちょっとはずかしかったぐらいのおっしゃれスポットに。

で、くじけず飯くってきました(笑)

これはステーキハウスなんですが、犬はクレートにいれたら店内持込可。

雰囲気といい味といい「ペット可にしてんだからこんなもんでいいだろ」って手抜きはなし。まじでうまかった。

ちなみに私の食べたのは「マグロのたたきわさびソース」と「カルボナーラ、ラムチョップ添え」 でしたが嫁も同等のもの食べてワインガブガブとデザートでそれなりのお値段とられましたが納得。別にここにある(ペットがらみじゃなくても) とか関係なしにいってもいいかと思うお味でした。

ま、もっとリーズナブルな値段でおいしいところもありますが、雰囲気がよかったので許す。

ほかにもあと数件レストランがあるみたいなのでこれは征服してみましと。とこころに誓うパクチー夫婦でした。

posted by パクチー at 12:43| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

タイで盗まれたクレジットカードデータが・・・

今日のMSNニュースで見かけた記事です。
タイで盗まれたデータ(買い物した店から照会の為にカード会社に送られるデータを途中で傍受) が日本で発見されたとのことです。みなさん当分の間はカードの明細書のチェックを厳密に。
セキュリティ対策の遅れてる国を狙って、 とのことですがこれでまたタイ発行のカードを日本で使おうと思ったら照合等で面倒臭い手続きがいるのでしょうね。ま、 安全にこしたことはないですが。。。
 
 
カード偽造:タイで盗んだデータ、香港経由し日本へ
国際カード犯罪組織の構図

 タイ国内で盗み取られた6000件以上のクレジットカードのデータを、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊(組特隊) に摘発された中国人カード偽造団が、偽造カードや紙にコピーされた状態で所持していたことが分かった。電話回線の通信を傍受する 「ワイヤタッピング」の手口で盗まれたデータで、タイから香港経由で日本の偽造団に送られていた。海外を拠点に日本を狙う、新たな 「カード犯罪ネットワーク」が浮上しており、組特隊は実態を調べている。【曽田拓、佐々木洋】

 摘発された偽造団は、鄭娟華容疑者(38)ら中国人の男女5人。偽造カードを作成したり、 所持していたとして9月までに支払用カード電磁的記録不正作出容疑などで逮捕された。

 組特隊は6月下旬、さいたま市のマンション一室の鄭容疑者宅を家宅捜索し、 ▽クレジットカードのデータ5740件分がコピーされた紙▽684枚の偽造カード▽カード偽造に使われたパソコン−−などを発見。 コピーされていたのは、すべてタイ国内に在住か、一時滞在した人のクレジットカードのデータだった。カードで買い物をした際に、 電話回線でカード会社に送信されるデータが、回線に仕組まれた特殊機器で盗み取られたものだった。ワイヤタッピングと呼ばれる手口で、 セキュリティー対策が遅れている国は被害が多発しているという。

 またデータがコピーされた紙は、ほとんどが香港からファクスで送られたものだった。鄭容疑者は組特隊の調べに 「データは中国のボスからもらった。これでカードを偽造していた」と供述している。供述や資料から組特隊は、香港に拠点を置く指示役が、 タイで暗躍するワイヤタッピングのグループからカードデータを買い取り、鄭容疑者ら日本にいる配下に送っていたと分析している。

 鄭容疑者らは、偽造カードで買い物をさせる「買い子」として日本人の男3人を雇い、 偽造カードでだまし取った物品を古物店に転売していた。その収益は約1億円とみられるが、 残金が少ないことから香港の指揮役に上納金として渡していたとみている。

 偽造カード作成を目的にカードからデータを盗む手口としては、スキマーと呼ばれる機器でコピーする「スキミング」 が知られている。データ送信の暗号化や専用線が普及している日本では、ワイヤタッピングによる被害はないという。

毎日新聞 2006年10月7日 15時00分

posted by パクチー at 15:34| バンコク ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

リッヂレーサーズ2

いやぁ、暇なもので(笑)

あっという間にリッヂレーサーズ2の「通常」をクリアーしました。そしたらあらわれましたがな、その名も「MAXツアー」

堂々と説明に「ここにたどりつくだけで名誉」「クリアーできるのは200人に1人」とうたってます。

なぁ〜にをいっとるんじゃい、とリッヂにはそこそこ自信のあったわたしですが・・・ 一番最初のツアーの一番最初のレースがいまだクリアーできず。クラス1だけによけいに難しい。ニトロの使いどころ、いやいや「稼ぎどころ」 が難しくて。

もちろん一発のミスも許されない、ってよりはより過激にギリギリのラインを攻めていかないと勝てない。

たった4台のレースだが周りが早い、 っていうかまさに抜きつぬかれつなので通常のレースゲームでは楽勝すぎて物足りなかったあなた!!!めっちゃ面白いです。

まさにギリギリのバトル。4台が一団となってちょっとの隙があればすぐに抜かれる。もしも腕が悪いと・・・ 一瞬ではるかかなたへ消えていくかな(笑)

ちなみに、MAX49のツアーでクラス1「Opus1」 というツアーで最初のコース Seaside Route 765Rで2週目以降1分7秒をギリギリ切るぐらい、 トータルで3分25秒でも勝てません(もちろん駆け引きがありますので上記タイムでも勝てるときがあるかもしれませんが) 一度タイムアタックでこのコースをクラス1で走ってみてください。

尚、 他の3台も同じぐらいのレベルなので抜いたとしてもけつからガンガン当てられるしサイドバイサイドでガンガン削りあいますのでフリーで走ってこれ以上のタイムがだせないと厳しいのでは? ?

 

腕に自信のある男はリッヂ2遊べますよ。ってかいやになって放り出すかも(笑)

<追記>

やっとOpus1クリアー、でもOpus2はマジできつい。

たまに「モード」に入ると勝てる(笑)上記でのコースでは最終的に2,3週目には1分5秒切ってました。

自分でいっぱいいっぱいと思っててもまだまだ切り詰めることが出来そうです。

と、なんか高校球児のようなセリフをはくほど熱中してしまいました(笑)

 

posted by パクチー at 11:55| バンコク ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

改造手術

病室からきれいな夜景が見えます。

朝、4時半に起こされてシャワーを浴びるようにいわれる。

5時半に準備室のほうに移動。 ベッドに寝かされたまま見える天井だけがドンドン流れていき一度は腹をくくったはずなのにものすごい緊張してきた。

以前背中にステロイドを打ったのと同じ処置室に運び込まれ、数十分安静にしたあと、最後の熱、 血圧を測られ足元では執刀医師と麻酔科の先生、看護婦がブリーフィングしている。

「じゃ、いきましょうね」の声でベッドが移動を開始、とうとう手術室へ。

思ったより仰々しくなく照明が見えるぐらいで特に目立つものはなかった。ただ、 停止した横にはうつぶせ用に妙に盛り上がりがあるベッドと顔を置くために穴が開いた枕が見えた。

「自分で移動できますよ」

と看護婦にいったが大丈夫大丈夫と。

酸素マスクをされて「まだ今は酸素しか出てません。もうすこししたら麻酔を入れますから」 という説明を聞きつつ目の前が2度グラッとゆれたと思ったら意識を失った。

目が覚めたらさっきの処置室。「あれ?もどってきちゃった」と思い看護婦に「戻ってきたの?」と聞くと「そう戻ってきたの」

あれあれ?なんかトラブルかと思ったら「もう手術おわったわよ」といわれる。

う〜ん、噂にきいてたが麻酔ってすごいねぇ(笑)

そこで30分ほど様子をみたあと病室へ帰る。なんてことない、本人にしたらまさに「まばたきをしていたら」 手術が終わったようなもんだ(笑)

戦利品、この軟骨のようなミノのようなものが脚の神経を圧迫していたようだ。

今は当然ながら切った所が痛むが、いままであった左足の痺れもとれまさに快適。ウジウジとなやんでいたのが嘘のよう。 こんなんなら最初に痛いと思ったときにとっとと手術しておけばよかった。

あと2週間ほどベッドでごろごろしてれば完全復帰かな?

日本の友達にたのんでおいてゴットファーザーとダークエンジェルのDVD、リッヂレーサー2でこの退屈な入院生活を乗り切ろう!

 

これがブログにアップされるころには自宅へ戻ってプンプイの世話に追われていることでしょう。

みなさんに余計な心遣いをさせたくないのでこういったタイミングで投稿しました。

posted by パクチー at 10:01| バンコク ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

びっくりしたなぁもう

今さっき、AMATA(CHONBURI)の前からバンナトラッドに乗る料金所(実際はカード受け取るだけですが) のブースの裏に自動小銃を持った兵隊さんが待機してました。

薄暗いところだったからびっくり!!!

今日から空港開港日だからでしょうか?朝高速に乗るときは気がつきませんでした。

今は高速走っている最中なのでまだわかりませんが、これじゃぁ家の近所で降りる料金所も交差点にもたってるのかな?

ちなみに昨日見たスクンビットのアソークの交差点に立ってる兵隊さんは自動小銃持ってませんでした。 やっぱり観光客の多いところっていうか街のど真ん中では遠慮しているのでしょうか?

料金所こんでそうだなぁ

posted by パクチー at 21:32| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空港開港、そして洪水

昨日プンプイを預けてるペットショップに会いにいってきまいた。

げ、先日と違ってウルトラハイパー・・・。先について遊んでた嫁の手はかじられまくりでミミズバレいっぱい。

首輪になれさせるため、その場で安い首輪を買ってはめてやりました。

写真の通り鈴がついているのですがいっときも鈴の音が止まることなく・・・あばれまくり(笑)

お留守番が多くなるだろうからなんか気に入ったおもちゃでも、とおもって店中のおもちゃをだしてみるも興味なし。戸棚、椅子の脚、 人間の足かじりまくってました。

おやつにさえ興味をしめさずカジカジカジ・・・。

つかれたらだっこされて休憩、、、あかん嫁は甘やかしそうだ

 

さて、タイトルが「洪水」になってますが、今日がどうも一番満潮時の水位が上がる日らしいですね。 それに先日までの北部での大雨の水がチャオプラヤ川を降りてくる、 さらにここ数日バンコク近郊でも夕方〜夜間に大雨が降りますのでバンコク市内も洪水になるおそれがありますのでご注意ください。

しかし毎年「洪水だぁ〜」といって乾季になると政府が「今年の洪水対策はばっちり」 というのを私がタイにきてからの5年間毎年繰り返しているような気がしますが・・・。

いままで一番だったのは2年、3年まえかな?

トンローがスクンビットに向けて川のような状態(薄く2〜3cmですが表面を水が流れている状態)となり、 どきどきしながらスクンビットにでると「きたぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」

まともに走れるのは中央よりの車線のみ、端のほうは水がたまりすぎて歩道の段差(結構高いです)の上まで冠水。 すでに一番中央よりの車線には水をすいこんだのかエンジンストップしちゃった車が多数。

ほとんどの車はそれをギリギリよけながら水際をバシャバシャはしる。

ここぞとばかりSUVや車高の高目のピックアップが水しぶきをあげてはしる。。。

ソイの26なんかは車道はすねぐらいまで冠水。普通の乗用車ならビッタンビッタン水が底をたたく音がする。

 

う〜ん、今年はどうなんでしょうね。

ちなみにスワンナプーム新空港界隈も洪水の名所(笑)ということは私の家は?

さすがに私の家の前はいいポンプをいれてるのか洪水になっても1時間もすれば水が全部はけちゃいますが、橋をひとつ超え、 二つ超えたメイン道路そばなんかは大洪水。

多分くるぶしぐらいまで水がきてるのかな?せっかく新しいタウンハウスが建築されてるのにこれじゃぁ見に来た人誰もかわないよ(笑)

ということで今日は早く帰ろうかな。テラスを一部改造してプンプイの運動場にしないと (まだワクチンが全部終わってないので庭には出さない) ちゃんと呼び戻しが出来るようになったらサラブリの大富豪の豪邸のドッグランとプールに泳がしに行きます(笑)え?犬用プールじゃないって (笑)

posted by パクチー at 13:38| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

チュー太さんのプライド

うちにもうすぐ向かえることになる超ウルトラ爆裂可愛いラブラドールのポチ(仮)ですが、 相変わらずのパクチー夫婦は何も準備しておりません(笑)迎える当日朝からチャトチャにいって買い物すればいいか?ってな感じで(笑)

うん、komさんの指摘どおりなんかぼぉ〜っとしてるなぁ(笑)

そうそうどうやらうちの皇太后のご提案で名前は「プンプイ」に決まりました。子犬の名前じゃなくって僕たちの体型のことじゃ、 といいかけたパクチーには皇太后の右ストレートが打ち込まれました。

ちなみにプンプイとは「小太りでコロコロした」って感じを表現する言葉です。 主に話し言葉でしか使わないのでさきほどうちのスタッフに「プンプイってタイ語でどうかくの?」って聞いたら5人ぐらい固まって「あれ? 声調はどうだっけ?」とか「この字であってるよな?な?」とかやってました(笑)

で、新人を迎えるにあたって先輩のチュー太さんが昨晩

いや、チュー太さんまだ彼はきてませんから、今度の日曜日に家にくることになってるんですよ。はい、 男の子ですからチュー太さんのいい舎弟になると思いますけど。

あたりまえじゃないですか、チュー太さんが先輩、プンプイは後輩。もううちは体育会系ですから序列は当然っす。

いや、チュー太さんはいつでも飯食い放題で、うんこもしほうだいでしつけ全然入ってないじゃないっすか。 プンプイをどうしつけるんですか?あ、またベッドの上でうんこして・・・おい、ティッシュで受け止めろ!!!

(チュー太さんは尻尾がピンと出て後ろ足を広げて踏ん張ったらウンコが出てきますので、 外で遊ばしている時はすぐにティッシュを広げてうけとめます)

 

しかしまぁ、先週の日曜日にプンプイを買うと決めてから速攻でエンポリにいってNIKEで「散歩用」 とかいって新しいAIR MAXを買ってしまったのは内緒です(笑)

でもなんか腰がまた違和感あるんだけど・・・

はい、チュー太さん。養生します・・・。

 

PS 犬を飼おうと決めてからいろいろな犬ブログみて「○○ちゃんのママ」 とかあまりにも犬に対して甘いあまぁ〜〜〜〜〜〜〜い表現を見て

「けっ、バカじゃねえの?」

と思ってましたがあえてやってみたら面白い(笑)っていうか気がついたら携帯、ノート、 デスクトップすべての壁紙がプンプイになってた(笑)やべぇ、はまるわ。

posted by パクチー at 15:30| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

最強警備システム導入

えー私が一軒家に引っ越したことはすでにご承知のことと思いますが、やはりタイでの一軒家暮らしは少々不安がつきまといます。

ですので我が家では以前紹介した防弾フィルムを窓ガラスに施工したり(窓を割って浸入するのを防止)、 どこまで信用できるかわかりませんがSECOMを導入したりと対策をとってきました。

 

さてさて話はころっと変わりますが私は結構なSONYフリークとしてもしられてます。

VAIO、PSP、サイバーショット・・・新居に伴い購入した液晶テレビはBRAVIA、買ってから「1度もまともに撮影していない」 ビデオカメラもSONY。ソニータイマーなにするものぞとソニー愛好家です。

 

で、この2つが重なると・・・そう、AIBO!

皆さんしってました?ついこの前まで発売されていたAIBOの最終型にはなんと「お留守番機能」がついてまして、 物音を感知するとその方向に向いて勝手にカメラが撮影したりすることができるんです。

すっげぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

日本ではすでに発売が終了したということもあり、すでにオークション等ではプレミアがついて売られているほど・・・。

実は内緒にしてましたが、パクチーはずーーーーーーーーーーーっとこれを狙ってました。

そして昨日等々手に入れました。

AIBO最終形、最強の警備マシーン

続きを読む
posted by パクチー at 16:05| バンコク ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。